ナレーターになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ナレーターになるには

声だけで作品の完成度を高める

ナレーターの仕事は、CMや映画、ドラマ、バラエティーなどで流れる語り(ナレーション)を行うことです。ナレーターに専門のジャンルはなく、CMや映画の予告編、ドラマなど、あらゆるジャンルのナレーションを担当します。また、アニメの登場人物のアテレコ(口の動きに合わせて声を当てること)や外国映画の台詞の吹き替えといった、声優の仕事も兼ねている場合が多いようです。作品のテーマや狙いを正確かつ深く理解し、正確なイントネーション(言葉の抑揚)や発音で声を入れなければなりません。 ナレーターになるには、ナレーター養成所、プロダクションなどのオーディションを受け、それらに所属して、実際のナレーターとしての仕事を受けるためにTVや映画のオーディションを受けるのが一般的なようです。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ナレーターになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(芸能関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)