映画監督になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

映画監督になるには

素晴らしい映画作品を世に送り出す

映画監督は、題材からストーリー、セリフ、俳優の選択、演技、小道具、セットデザイン、衣装、ロケーションなど映画の内容すべての決定権をもっています。映画は、監督の人格、感受性のすべての反映であるといえます。映画監督になるには「絶対に映画を撮る」という強い意志が必要です。近年は、若い人たちにもチャンスが広がってきています。フィルムフェスティバルへの応募や、ビデオ映画の制作などの発表の場を通じて才能が認められ、商業映画にデビューというケースも出てきています。 映画監督への第一歩としては、まず芸術系の大学や専門学校で映画のノウハウについて学ぶとよいでしょう。学校の映画サークルに入る人も多くみられます。卒業したらすぐに映画監督になれるというわけではありませんが、技術と人脈を培い、将来の糧にしたいものです。卒業後は、映画制作会社やテレビ局などに就職し、現場経験を積んで、制作スタッフ、助監督、監督へと進むケースが多くみられます。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

映画監督になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(芸能関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)