映画宣伝になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

映画宣伝になるには

作品の魅力を最大限に伝え、多くの観客にみてもらう

完成した映画をいかに多くの人にみてもらい、ヒット作としていくか。それは宣伝力にかかっています。それを担うのは、映画制作会社や配給会社の宣伝部、あるいは映画専門の宣伝会社です。封切りに合わせて宣伝戦略を練るわけですが、宣伝する映画の魅力を知り尽くしていることがポイントです。映画制作の企画段階から参加したり、原作の出版を出版社に依頼したりすることもあります。そして、新聞や雑誌、テレビやラジオなどのメディアにリリースしていきます。近年はインターネットも大きな媒体となっています。そのため、映画の魅力を的確に伝える表現力が欠かせません。インパクトの強い宣伝を打つには、常に斬新なアイデアが必要です。 将来は、映画制作会社や配給会社、宣伝会社などに就職して経験を積みます。その後、独立して宣伝会社を興したり、フリーで活躍したりする人もいます。邦画・洋画を問わず宣伝していくのですから、語学力があると有利です。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

映画宣伝になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(芸能関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)