楽器製作者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

音楽・イベント系

音楽・イベント系の職業

楽器製作者になるには

素材を活かし、確かな音感で楽器を作る職人

楽器製作者は、楽器を構成する素材を活かし、自分の耳の確かな音感を頼りに楽器を作る職人です。製作する楽器そのものを熟知すること、素材の良し悪しを判断する目と確かな音感、そして優れた技術力が必要です。楽器によって、ピアノ、管楽器、弦楽器などそれぞれの分野がありますが、自分の専門とする楽器については、十分な知識と技術を身につけましょう。また、楽器に関するトータルな知識も重要です。 これらの技術は、専門学校に通って習得するのもよいでしょう。 卒業後は、楽器メーカーに勤めたり、工房や個人の作家に弟子入りして修行を積んでいくのが一般的なようです。

        

関連する動画

音楽・イベント系(楽器製作・技術関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

楽器製作者が目指せる学校の一覧

パンフレットが欲しい学校にをして
←このボタンをクリック!

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)
ページの先頭へ