ピアノ調律師になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ピアノ調律師になるには

優れたピアノは優れた調律師から

ピアノの調律は、優れた音感の持ち主でなくてはできない繊細な仕事です。弦1本の緩みで、ピアノの音色は乱れます。ピアノ調律師は基本的な音程を調節し、最も良い音質を出すための整音作業や、部品修理も行います。調律師になるには、5年くらいの実践が必要です。専門学校や音楽大学などで基礎を学び、ピアノメーカーや楽器店に就職し、キャリアを積みましょう。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ピアノ調律師になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

音楽・イベント系(楽器製作・技術関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)