ギタークラフトマンになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ギタークラフトマンになるには

ギター作りの職人

ギタークラフトマンとは、ギター作りの「職人」「名匠」のことです。まず何よりもギターそのものが好きで、ギターという楽器を熟知することが肝心です。そして、素材の良し悪しを判断する目と確かな音感と優れた技術力を駆使して、楽器を作りあげていきます。ギターの製作を最初から最後まで担当することがほとんどです。また、ギターの修理を行なうのも仕事で、ギターに近い楽器(ウクレレなど)を同時に手がける職人もいます。いずれにしても、世界でただ一つのギターを自分の手で作りあげ、最高のミュージシャンに使ってもらうことは、ギタークラフトマンだけが味わえる喜びです。 ギターメーカーや楽器工房などが活躍の場となります。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ギタークラフトマンになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

音楽・イベント系(楽器製作・技術関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)