楽器リペアスタッフになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

楽器リペアスタッフになるには

楽器を修理するエキスパート

壊れた楽器などを修理したり、微妙な音色の調節などを行うのが楽器リペアスタッフです。楽器メーカーで管楽器の部品の微調整を行ったり、会社で作った製品に対するアフターサービスとして、修理を行います。また、海外から輸入された楽器は調整をされていないことがあるので、その調整にもリペアスタッフが活躍しています。楽器販売店では、客の要望に合わせて楽器の調整や改造を行います。 楽器リペアスタッフは、楽器の構造に精通していることはもちろん、自ら演奏する技術も高くなくてはなりません。修理や調整が完璧でも、実際に音を出さないと微妙な調整ができないからです。 専門学校で楽器の構造や演奏技術、修理技術を学び、卒業後は楽器メーカーや楽器の卸業者、楽器販売店のリペアスタッフとして就職するのが一般的です。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

楽器リペアスタッフになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

音楽・イベント系(楽器製作・技術関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)