コンサートスタッフになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

コンサートスタッフになるには

感動のステージを演出するプロフェッショナル

コンサートに関わって働くすべてのスタッフを「コンサートスタッフ」と呼びます。 コンサートは、さまざまなスタッフによって支えられています。ステージを美術面から演出して盛り上げるステージ美術家、曲や構成に合わせて照明のプランニングを行うライティングスタッフ、音響機器を操作して音質・音量などを調整するミキサーなど、それぞれの専門家と表現者が協力して創り上げ、1つのコンサートを完成させていきます。コンサートの成功は、コンサートスタッフにかかっているといってもよいでしょう。 コンサートスタッフになるには、まず専門学校などでコンサートホールの仕組みや構造をよく勉強し、各専門分野の技術や基礎的な知識を、しっかりと身につけておくのがよいでしょう。特に必要な資格はありませんが、舞台機構調整技能士などの資格を取得しておくと、就職にも有利といえます。 コンサートホール、舞台、ステージなどを演出する職場へ就職したら、舞台裏を支えるプロフェッショナルとして、経験と実績を積んでいくことが大切です。また、コンサートを成功させるために、専門分野だけでなく、各スタッフとのチームワークを大事にすることも必要です。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

コンサートスタッフになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

音楽・イベント系(イベント関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)