無線従事者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

無線従事者になるには

陸・海・空に分かれて無線通信を担う

無線従事者は無線機器を使用して情報通信を行う技術者で、陸上・海上・航空の3つに分類されます。航空機と通信する航空無線通信士、船舶と通信する海上無線通信士、タクシー会社や陸運会社で働く陸上通信士です。なお、テレビ局や電話会社・電気通信事業で働く無線従事者は無線技術士(または無線技士)と呼ばれています。 陸上・海上・航空を問わず、無線従事者は国家資格に合格しなければなりません。 資格には、総合無線通信士・海上無線通信士・航空無線通信士・陸上無線技術士・アマチュア無線技士などがあります。 資格取得後は、船舶や航空機などの無線通信を行う機関で、スペシャリストとして働くことになります。

機械・電気・電子系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

無線従事者になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

機械・電気・電子系(通信関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)