情報通信技術者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

情報通信技術者になるには

便利な情報通信ネットワークを構築する

情報通信技術者は、携帯電話やパソコンなどのデジタル情報を使って、暮らしや職場に便利で快適な通信ネットワークを構築していく仕事です。携帯電話をはじめとした通信端末機器は、日々新たに開発されています。情報通信技術者はこうした時代のニーズに対応して、先端の通信機器を駆使した斬新な情報通信ネットワークの構築が求められています。そのために、情報通信技術者は日々生まれかわる通信機器の性能を把握し、コンピュータやネットワークを使ったデジタル情報に精通しておくことが必要です。そして、それを柔軟に応用できる斬新な発想が必要となります。 情報通信技術者になるための特別な資格はありません。将来は、コンピュータ関連会社などに就職をして経験を積むとよいでしょう。

機械・電気・電子系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

情報通信技術者になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

機械・電気・電子系(通信関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)