航海士になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

機械・電気・電子系

機械・電気・電子系の職業

航海士になるには

           

船舶の安全な運航を支えるエキスパート

航海士は、客船や貨物船などの航海にあたって、レーダーや人工衛星からの電波を使ったり、太陽を計測したりして船の位置を海図上で確認し、気象・潮流などを把握します。そして、安全で効率的な航海に努めるために、船の速度や航路をコントロールすることが主な仕事となります。 航海士になるには、1級から6級まである海技士国家試験に合格して海技士免許(航海)を取得することが必要です。船の大きさ、航行区域によって資格内容と級数が限定されます。船舶職員を養成する教育機関で学ぶのが最も一般的です。受験資格は、資格に応じ一定の年齢に達し、乗船履歴があることが必要です。また、国土交通大臣の登録を受けた船舶職員養成施設の課程を修了した者は、その登録を受けた養成施設の種類に応じ、それぞれの試験において筆記試験が免除されます。 職場は海運会社や漁業会社、海上保安庁などです。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より
        

関連する動画

航海士になれる学校を探してみよう

機械・電気・電子系(海洋技術関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

航海士が目指せる学校の一覧

パンフレットが欲しい学校にをして
←このボタンをクリック!

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)
ページの先頭へ