船舶機関士になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

船舶機関士になるには

船のエンジンや機器類を点検・整備

船舶のエンジンや各種機器の管理技術者として、船の正常な運転をサポートするのが船舶機関士です。機器類には、船を動かすエンジンから船内の電力を供給する発電機まで数多くの種類があります。これら機器類の稼動状況を機関制御室で集中管理するとともに、ボイラーやクレーンといった装置類についても、点検・整備などの保守管理を行います。航海中は、機関制御室の各種計測装置を読み取りながら、船の正常運転を維持するための調整と監視を続けます。停泊中も、メインエンジンの点検・整備など、次の航海に向けて正常に運転するかどうかを確認します。コンテナ船など大型船の場合は、機関長の指示のもと、それぞれが協力し合いながら船の安全運航に努めます。船舶機関士になるには、機関部門の海技士免許が必要です。

機械・電気・電子系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

船舶機関士になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

機械・電気・電子系(海洋技術関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)