船舶操縦士になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

船舶操縦士になるには

ボートやクルーザーなどの小型船舶を操縦する

船舶操縦士は、モーターボートやジェットスキー、クルーザーなどの小型船舶を操縦する仕事です。乗船できる船の大きさや航海距離などに制限があり、また目的に応じて操縦する船の種類も変わってきます。安全な操縦のための技術だけでなく、操縦する船の目的にあわせた知識が必要となります。 船舶操縦士になるには、国家試験に合格しなければなりません。試験は身体検査、学科試験、実技試験の3種類があり、すべての試験に合格すると合格証明書が交付されます。この証明書に必要書類を添えて国土交通省の地方運輸局に免許申請すれば操縦免許証が交付されます。 船舶操縦士は、水上レジャー会社、海上運送会社などが主な活躍の場となるでしょう。

機械・電気・電子系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

船舶操縦士になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

機械・電気・電子系(海洋技術関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)