水産技術者・研究者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

水産技術者・研究者になるには

環境を守るための調査や研究をする

海や川などから得られる魚などの水産資源を保護し、水産業に関するあらゆる研究や技術開発を行うのが水産技術者・研究者です。環境を守るための調査や技術開発、また漁業の現場支援、水産加工食品の研究・開発、さらに漁業関連機器の開発など、仕事の内容はさまざまです。主に海や川の水質、魚介類の生態など、水産物に関わる調査を行います。また魚介類の人工受精など、漁業に役立つ技術の研究も行っています。自然環境の変化や乱獲などが原因で漁獲量が減少する近年、安全な水産物を安定供給できるように、水産技術者・研究者は活躍しています。

動物・植物・フラワー系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

水産技術者・研究者になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

動物・植物・フラワー系(海洋関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)