電車運転士・車掌になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

電車運転士・車掌になるには

鉄道を安全に正確に運行させる

 乗客や貨物を安全に目的地まで送り届けるために電車を運転するのが電車運転士です。  鉄道会社に就職してすぐ運転士の仕事ができるわけではなく、まずは駅員として経験を積み、社内の試験に合格すると車掌になれます。その後2年ほど車掌として、電車の出発・到着の確認や車内放送、事故対応などの業務経験を重ねて「動力車操縦者運転免許」という運転士の免許を取ることで、運転士として働くことができます。

旅行・観光・エアライン系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

電車運転士・車掌になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

旅行・観光・エアライン系(旅行・観光関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)