マーシャラーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

マーシャラーになるには

旅客機を駐機場へ正確に誘導・けん引

空港に到着した旅客機のパイロットに「パドル」と呼ばれるオレンジ色の手信号で合図を送り、旅客機と空港ロビーを結ぶボーディングブリッジの降機口につけるように誘導する仕事です。パイロットは操縦席から停止線が見えないため、パイロットの目線とほぼ同じ高さで送られるマーシャラーの手信号だけで停止線を知ります。旅客機の最後の安全を担う仕事と言えます。またトーイングトラクターという乗り物で、旅客機をけん引する業務もあります。 機体の特徴や風向きばかりでなく、パイロットの寄せ方なども考慮しておかなければなりません。こうした状況を理解して安全に作業をするためには、的確に誘導できる基本的な技能はもちろん、状況を瞬時に認識して指示できる判断力、決断力が求められます。専門学校や大学・短大で、これらの素養をしっかり身につけておきましょう。 国内では各航空会社の関連会社が担当しているため、マーシャラーとして活躍するためには航空関連のコースを持つ専門学校を卒業し、空港関連会社に就職することが近道です。入社後、研修や基本動作の訓練を積み、実務訓練を経て正式にマーシャラーの仕事に就くことができます。最近では、女性の進出も目立っている職業です。特に必要とされている資格はありませんが、大型特殊自動車免許やけん引免許などを取得していると有利なようです。

旅行・観光・エアライン系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

マーシャラーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

旅行・観光・エアライン系(エアライン関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)