ベルスタッフ(ベルボーイ・ベルガール)になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ベルスタッフ(ベルボーイ・ベルガール)になるには

お客さまの荷物を運び、部屋まで案内

お客さまがホテルの中に入ると、すぐにドアスタッフ(ドアマン)から荷物を受け取って、チェックインカウンターまで案内するのがベルスタッフです。チェックインが終わると、フロントからルームキーを預かって、お客さまを部屋まで案内しながら荷物を運びます。そして部屋に入ってから、設備の簡単な説明をしたり、空調の取り扱い方を説明したり、お客さまがより快適に過ごせるように、サービスするのが仕事です。客室の中のことだけでなく、非常口の説明やホテル内の施設の紹介、さらには、お客さまの要望に応えて、観光スポットを紹介したりする場合もあります。接客中心なので、言葉づかいや接客マナー、日常英会話なども身につけておくことが大切。お客さまの求めるサービスを、的確に察知する感性も求められます。専門学校や大学・短大では、基礎的な語学力はもちろん、社会学や経営学・商学といった幅広い知識も身につけておきましょう。ベルスタッフの仕事に就くためには、ホテルの採用試験を受験しますが、最近では、ホテル業務関連の専門養成機関で実地体験を含めて学習した後、採用試験を受ける人が多くなっているようです。 ベルスタッフに配属されたら、実務経験を積み、お客さまに信頼してもらえるスタッフを目指しましょう。大きな荷物を運んだり、夜間勤務などもあるので、健康と体力の維持も心がけたいものです。

ホテル・ブライダル系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ベルスタッフ(ベルボーイ・ベルガール)になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

ホテル・ブライダル系(ホテル関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)