その場の状況が分からない子には?:5歳 | 6才まで生活習慣、しつけ | 成功する子育てアドバイスQ&A - 学校情報日本の学校
子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
あなたの住んでいる場所から学校を探せる 公立小学校学区情報
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
6才まで 幼稚園の時期  2.生活習慣、しつけ
Q 『その場の状況が分からない子には?:5歳』
 来年1月で6歳になる男の子です。保育所でみんながまじめに取り組む場面になると急にふざけたり、怒られているのに笑ったり、その場の状況の判断ができません。家でも「今何をするときかな?」と声をかけると「まずはお着替えする。それからごはん食べる」と自分で順番を決めるとその通りにできます。もうすぐ2歳になる妹がいますが、とても優しく接し一緒に遊びもします。気持ちはとても優しい子なのですが、注意力が続かず、きちんとするべき場面では恥ずかしいと言い更にふざけたりします。普段は両親とも共働きのため、祖父母のところにいることも多い状況です。どのように声をかけたりしたらいいでしょうか。もうすぐ小学生になるので心配です。
A イラスト 「今何をするときかな?」と声をかけたときにきちんと考えて答えられているのであれば、その場の状況判断はきちんとできる子でしょう。子どもがわざとふざけたりするのは、周りの注目を集めたがっている、もしくは「そんなにカリカリしないで、ゆったりと僕を見てよ」と伝えている時です。心の優しい子によく見られる表現方法です。対策を少し書かせてもらいますので、試してみて下さい。

~子どもへの対策!~
1,今まで通り、落ち着いて「次は何をするのかな?」と問いかけてあげましょう。

2,1日1回は家事の手を止めお子さんの話を最後まで聞いてあげましょう。
  心の中で「分かったから早く結論を言って」と焦りながら聞いてはいけません。子どもはそれを感覚でキャッチし、お母さんのために早く話してあげないとという思いから、神経が散漫になっていきます。日頃の落ち着きある対話や仕草から、集中力が養われます。

3,しっかり注目してあげましょう。
  お手伝いや妹の相手をしている時など、「さすがお兄ちゃんだね!」としっかり褒めてあげましょう。
ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾