怒らないで!忘れ物が多い子へのサポート術:10~12歳 | 12才までその他 | 成功する子育てアドバイスQ&A - 学校情報日本の学校
子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
あなたの住んでいる場所から学校を探せる 公立小学校学区情報
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
12才まで 小学校高学年  6.その他
Q 『怒らないで!忘れ物が多い子へのサポート術:10~12歳』
ちょっとしたポイントでしつけ(子ども)がかわる!
1分でわかるアドバイスをご紹介します。
A イラスト 1ミニッツアドバイス!
 準備ができているつもりの「つもり」を見つけましょう。

 4年生、5年生になっていても忘れ物の多い子がいますが、そのような子はきちんと準備をする習慣が付いていません。年齢に関係なく、親が横についてしばらく見てあげましょう。

 連絡ノートや予定表などは二度チェックさせましょう。筆箱なども机に置いてある物を無造作に鞄に入れるのではなく、いったん蓋を開けて中身を確認させましょう。使った消しゴムが床に落ちていたり、鉛筆の先が丸くなっていたりと何かしら気付くはずです。

 チェックを繰り返すうちに、「できているつもり」であっても、その「つもり」こそが一番当てにならない事がが自分でも分かってきます。自分の癖が分かれば事前のチェックもできるようになり、忘れ物も減ってくるでしょう。
ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾