不満や愚痴の捉え方を変えたい:13歳 | 13才からこどもの性格、癖 | 成功する子育てアドバイスQ&A - 学校情報日本の学校
子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
あなたの住んでいる場所から学校を探せる 公立小学校学区情報
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
13才から 中学校以降  1.こどもの性格、癖
Q 『不満や愚痴の捉え方を変えたい:13歳』
 春に中学2年生になる娘の事で相談があります。毎日今日学校であった出来事などを話してくれるのですが、不満や愚痴が多く、友達関係のトラブルなども被害者的な見方しかできないので困っています。「相手もあなたを故意に傷つけようとしているわけではないんだよ」と諭しても、なかなか受け入れてくれません。このような態度をどう改めさせたらいいのかアドバイスお願いします。
A イラスト 物の見方を変えてあげるのは大事ですが、プラス思考をさせようと理想だけを言い過ぎても子どもは納得しません。実際にその場のやり取りを見ているわけではありませんので「故意にした事ではないんだよ」と言う言葉にも説得力がありません。

 フォローの入れ方としては、話を聞きながら問題点を一緒に考えてあげる方法や、自己を振り返らせる方法などいくつかあります。ここでは良いイメージを想う事で流れを変えるやり方をご紹介します。一度次のポイントをふまえながら、対話を進めてみて下さい。

1,まずはお子さんの話を最後までじっくり聞いてあげ、感情を昇華させてあげましょう。その上で「どうしたら上手く行くのか」を一緒に考えてあげましょう。

2,「○○ちゃん達とどうなりたい?」とお子さんの理想を聞き出してあげましょう。多分お子さんは「仲良くしたいけど△△さんが私の悪口を言うし…だから無理なの」など愚痴をいうかもしれません。愚痴は1でしっかり聞いているので、もうここでは聞く必要はありません。「最終的にどうなりたいの?」と繰り返し聞いてあげましょう。仲良くしていきたいか、そこそこに距離を置いたクラスメイトでいいのか、付き合いを止めたいのかなどです。

3,「仲良く楽しい付き合いをしたい」という事であればお子さんには目を閉じて、友達の笑顔を思い描いてもらいましょう。お母さんはお子さんに向かって微笑みながら手を繋いで歩いている光景などを一緒にイメージしてあげて下さい。

4,普段から「大丈夫だよ。あなたは人に愛される価値のあるとても良い子なんだよ」という事を言葉にしながら励ましてあげましょう。「どうしてこのくらい分からないの」「さっきも言ったでしょ」など、お子さんを否定するような言葉から「良かったね」「ありがとう」などの言葉に変えながら、自信を付けてあげましょう。
ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾