ぐうたら生活、改善!3つのメソッド:10~12歳 | 12才までその他 | 成功する子育てアドバイスQ&A - 学校情報日本の学校
子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
あなたの住んでいる場所から学校を探せる 公立小学校学区情報
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
12才まで 小学校高学年  6.その他
Q 『ぐうたら生活、改善!3つのメソッド:10~12歳』
ちょっとしたポイントでしつけ(子ども)がかわる!
1分でわかるアドバイスをご紹介します。
A イラスト 1ミニッツアドバイス!
 朝の始まりが1日を作ります。まずは朝決まった時間に、きちんと起こさせる工夫をしてみましょう。

メソッド1 元気に声をかけて
 まずはカーテンを開けて光を入れ、目覚まし時計をじゃんじゃん鳴らしながら「朝ですよ~、起きましょう」とお母さんが元気よく声をかけます。お母さんの元気は、朝日よりもまぶしい活力です。ゆとりがあればいつもと違う朝食をみんなで作ってみましょう。本物のオレンジジュースを絞ったり、サンドイッチを作ったりして、一日の始まりを元気にスタートさせてみましょう。

メソッド2 体を動かして
 親子で早朝ジョギングに挑戦してみましょう。子どもはお母さんのトレーナーになって自転車で走らせます。面白がって、お母さんのスピードよりも速めに先を走ってしまいそうですが、「待てぇ~」などと怒りながらでも、楽しい触れあいができて一石二鳥です。

メソッド3 午前中に効率よく
 休日などはお友達を2、3人呼んで勉強会をしてみましょう。時間厳守で9時からスタートし、1時間~2時間勉強をさせます。お母さんは先生代わりになって、子ども達を見てあげます。ポイントは、12時まで勉強させない事です。残ったお昼までの時間は、自由時間です。午後からだと時間たっぷりで間延びしがちな作業も、午前中の限られた時間内なら子ども達は早く遊びたさに集中してくれます。
ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾