周りを怒らせてしまう性格:8歳 | 9才まできょうだい、祖父母とのかかわり方 | 成功する子育てアドバイスQ&A - 学校情報日本の学校
子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
あなたの住んでいる場所から学校を探せる 公立小学校学区情報
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
9才まで 小学校低学年  4.きょうだい、祖父母とのかかわり方
Q 『周りを怒らせてしまう性格:8歳』
 2年生の娘なのですが、高学年や同学年の子に注意されると睨み返したりします。登校の時雪を蹴って、前の子が「やめて」といったのにきかず泣かせてしまった時に、高学年の子が注意して「謝りな」といっても「なんで謝らなきゃいけないの」といって謝らなかった事がありました。(細かい事は他のお母さんが教えてくれました)
 また、友達と何かあると普段と様子が違うので聞いてみると、怒らせてしまったと断片的に話します。私がその事を注意すると謝って仲直りはしますが、結局しばらくすると他の子を怒らせてしまっての繰り返しです。私の注意の仕方がいけないのでしょうか。
A イラスト「何故怒るのか」
 お子さんは、気付かぬうちに相手を怒らせてしまっていのるではなく、ある程度分かった上での行動でしょう。その場合、子ども自身が怒りを溜め込んでいる可能性が考えられます。怒りの原因は詳しくお話をお聞きしないと特定できませんが、一般的に多いケースとしては、親に対する不服です。「自分を分かってもらえない」「上手く言えない」「寂しい」などの思いから、反抗的な態度になります。親にとっては十分な愛情を掛けているつもりでも、子どもの欲しい愛情とはほんの少し食い違いが起こっているのです。

「改善策」
 まず、言いたい事はきちんと言葉に出させてあげましょう。「言ってごらん」と言われても素直に言葉に表しにくいものです。「どうしたい?」「○や●、どっちが好き?」など、ゆったりと聞く体勢を取り、普段から思いを溜め込ませない対話を心がけましょう。そして認めてあげましょう。○を選んだ理由が分かれば、「なるほど、それも一つの考えだね」と認め、関心を示してあげます。
 また、友達を怒らせた事を注意するのではなく、そこに至った経緯を責めずに聞いてあげましょう。「その子が嫌いだった」「相手が悪いから」など言い訳も出るかもしれませんが、とにかく最後まで話させてみましょう。話す事で自分を振り返り、「ちょっといじめちゃったかな」等、自分で反省と答えを出してきます。
 生活全般において、手出し口出しを控え、ゆったりと触れ合ってあげましょう。
ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾