子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
IQ知能チェック
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
12才まで 小学校高学年  3.お友達、学校とのかかわり方
Q 『友達作りを諦め気味:10歳』
 小4の息子について。1~2年生の頃はまだクラスの子とも休み時間や放課後に遊んでいましたが、だんだんと「誰々と公園に行く」や仲のいい友達の名前を聞かなくなってきました。「友達をもっと増やしなさい」というとプレッシャーになると思い、こちらからは友達の話があれば聞くだけにしていました。しかし、ここ最近は「どうせ友達いないし」と開き直ったり「僕が誘ってもどうせ誰も来ない」と言い始めました。以前と違い、いじけたり開き直ったりという感じが出てきて、もっと私がはっぱをかけていれば良かったのかと思っています。息子のこの心をもっと前向きにさせるには、たとえひとりでも、また友だちができれば変わってくると思うのですが、どう促していけばいいですか。
A イラスト「しっかり対話してあげましょう」
 今、お子さんはお子さんなりに葛藤していると思います。しかし、一人で悩んでいるのではなく「どうせ誰も来てくれない」とお母さんに溢しています。言い換えると「どうしてなんだろう」「僕に魅力が無いのかな…、お母さんはどうしたらいいと思う?」とお母さんに黄信号を出してきているとも考えられます。「何やってるの、しっかりしなさい」とはっぱをかけるのではなく、まずは同じ立ち位置で友達について一緒に考えてあげましょう。

「具体的な進め方」
 例えば、「今日は誰とも遊ばないの?お友達を家に誘ってみたら」と提案してみましょう。「僕が誘ってもどうせ誰も来てくれないし」といじけたら、「誘ってもだれも来てくれないの?」とオウム返しに反復し、もし「○○君だったら来るかもしれないけど…」と言えば「じゃあ、○○君を呼んでみたら。お母さん、おやつくらい出してあげるよ」と少し協力を示してあげてもいいでしょう。
 そこで、「前に誘ったけど断られた」「無理」と諦めていたら、「それは困ったね…」と辛い気持ちを汲み取ってあげましょう。子どもの心に共感してから、「昔と今とでは、時間も人の心も違ってるんだよ。もう一度声をかけてみたら。上手くいくように願っているから」と励ましてあげましょう。
 また、自分に何かいけないところが無かったか、自己を振り返らせる事も必要です。会話のなかで、「ところで、あなたがいいなって思う子は誰?」や「どんな子?」と聞き出しながら、自分にも彼らのような優しさや協調性があるかを考えさせましょう。
 とにかく、「だからあなたはダメなのよ」など否定するような事は絶対に言わず、「大丈夫。君には君の良いところがあるから。そのうちきっと気の合う友達に出会えるよ」や、何かかわいらしい所を見つけては「お母さんは君のそういうところが大好きだよ」と、自信を付けさせてあげましょう。
この質問をマイページに保存 ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾