小競り合いから喧嘩する:4歳、6歳 | 6才まできょうだい、祖父母とのかかわり方 | 成功する子育てアドバイスQ&A - 学校情報日本の学校
子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
あなたの住んでいる場所から学校を探せる 公立小学校学区情報
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
6才まで 幼稚園の時期  4.きょうだい、祖父母とのかかわり方
Q 『小競り合いから喧嘩する:4歳、6歳』
 やんちゃ盛りで活発な6歳と4歳の息子がいます。いつも小競り合いというか、押した、叩いた、倒した、取ったと何だかんだで喧嘩しています。大体は本人達で解決したりご飯やお風呂でコロッと忘れて過ごしたりしていて大丈夫ですが、たまにどうしようもないくらい取っ組み合いの喧嘩をします。まだ叩いたところが赤くなった程度でけがをした事はないですが、加減をせずかなり本気で叩き合ったりするので、いつか大きなけがをしたりさせたりするんではないかと心配です。けがをしたりさせてからでは遅いですし、幼稚園で他の子たちともたまに喧嘩すると聞いているので、大事に至る前に取っ組み合いの喧嘩はけがの可能性もあるから程々にと教えたいのですが、どのように教えればいいのでしょうか。
A イラスト「ここぞ、という時にしっかり叱りましょう」
 普段の喧嘩に対しては今の調子で見守ってあげましょう。そしてたまにある大喧嘩の時には、様子を見ながら少しずつ子ども達に近づき、度を超えた瞬間に「こらっ!!」と大声を出して間に入って下さい。子ども達は自分に否は無く相手がいかに悪いかを主張すると思いますが、言い訳は聞かず、まずはどれだけお母さんが怒っているか、目力と態度でしっかり示しましょう。滅多に見ないお母さんの変貌ぶりに子ども達は「ちょっとやばいかな…、この辺が取っ組み合いの限界かな…」と、越えてはいけないラインを何となく理解していきます。

「落ち着いたらきちんと対話をしてあげましょう」
 子ども達を叱った後は、おやつやお風呂で流れを変えてあげましょう。それでも言いたい事があるようなら、それぞれ別の場所で言い訳を聞いてあげましょう。ポイントは、「聞くだけ」です。よほどでない限りは同情したり審判をしたりせず、「そうなの…」「困ったわね」と相づちを打つに止め、「でも取っ組み合いはダメよ」「喧嘩は両成敗」を基本にすると良いでしょう。元気な男の子が二人いると賑やかな喧嘩もしばらく続くとは思いますが、お母さんも頑張って下さい。
ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾