子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
IQ知能チェック
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
9才まで 小学校低学年  5.保護者の不安、ストレス
Q 『習い事を増やす基準は:7歳』
 小1の息子。今は水泳に週1回いっていますが、友達の影響だと思うのですが、英会話に行きたいと言い出しました。今までは勉強系の習い事は絶対嫌だといって、習字やそろばんの体験ですぐに帰ろうとしていただけに、気が変わった事は嬉しいです。ですが、明らかに「友達が行くから僕も行く」というスタンスな事と、英会話を習っても環境として身につかないなら送迎の手間や月謝を考えると、すぐにはOKを出せません。習い事は子どもがやりたいと思った時にやらせるべきだという夫と、今の水泳もあるのに英会話も行くのは現実的じゃないという私とでも意見が分かれています。習い事を増やす基準などはありますか。
A イラスト「視野を広げて見当してみましょう」
 始める目的は、何で良いでしょう。小学1年生の子どもが、「将来の事を考えて今の内に英語力を付けたい」と本気で考える子は、探さないとまず見つかりません。「お母さんに言われたから」「格好いいから」などが動機でも、そこからどう展開するか可能性は未知数です。そして空振りに終わったとしても、それを保護者がどう捕らえるかが大事です。「授業料と手間が無駄になった」や「行き帰りは手を繋いで、いっぱい話しができたから良かったね」「特別な能力を身につけるには、それなりの努力が必要なのが分かった」等、見方はそれぞれです。

「話し合いましょう」
 子どもの「習い事」は、内容を習得するのだけが目的ではありません。迷った時の一つの基準として、「心を育てる」を考慮に入れながら、もう一度、家族で意見を出し合ってみましょう。その上で、「本当に行きたいのであれば、生活態度を改めるなど、誠意を見せる」「習った単語は一つずつお母さんに教えてくれる」等、条件を出すのもいいでしょう。これも良い体験になると思います。是非向き合ってみて下さい。
この質問をマイページに保存 ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾