我が強い娘を和らげたい:7歳 | 9才までこどもの性格、癖 | 成功する子育てアドバイスQ&A - 学校情報日本の学校
子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
あなたの住んでいる場所から学校を探せる 公立小学校学区情報
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
9才まで 小学校低学年  1.こどもの性格、癖
Q 『我が強い娘を和らげたい:7歳』
 小1の娘の我の強さを何とかしたいと思っていますが、なかなか上手くいきません。我が強いせいで、小学校でせっかく仲良くなった子ともうまく遊べない日々を過ごしています。仲良くし始めた頃は娘も探り探りの関係でまだそれほど我を出したりしないのですが、友達に慣れてくると自分を中心としてほしいという感じの「私が!」という態度を取るようになり、休み時間の遊びも誘われない時が出てきています。あんまり「私が!」って気持ちにならないで、と話しても娘が認めたくないという感じで否定したり反発したりしてしまい、話し合いも上手くいっていない状態です。娘になんと声をかけていけば我の強さを和らげていけるのでしょうか。
A イラスト「我の強さ」には、色々な種類があります。
 1,意志力の強さ
 2,一人っ子など環境からくる「甘え」に似た我の強さ
 3,欲求不満的我の強さ、又はひねくれ意固地の強さ

 1・2番は、親が心配するほど問題はありません。自分をしっかり持った子は、成長過程のどこかで大切な事に気付き、その都度自分を修正していきます。また一人っ子の要素を持った子は、きょうだいのある子と比べて「○○ちゃんはワガママ」という印象を受けがちですが、経験不足でただ要領を得ていないだけの事です。集団生活の中で友達と触れ合いぶつかり合いながら、人との付き合いが徐々に分かってきます。親は大らかな気持ちで、「みんなで遊んだの?そう良かったね」と微笑みながら話を聞いてあげましょう。トラブルを起こした時には責めたりせず、「○○ちゃんはどうして怒っちゃったの?」「何が悪かったのかな?」等問いかけながら子どもから言葉を引き出し、言動を振り替えられるような対話をしてあげましょう。

 3番の可能性がある場合は指示や管理、干渉を緩め、存在の全てを認めてあげましょう。「ダメでしょ」が出そうになった時には、「どうしたい?」「じゃあ、やってごらん」と見守ってあげましょう。ゆとりが出てくれば、お友達に対する心遣いもできるようになると思います。
ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾