子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
IQ知能チェック
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
12才まで 小学校高学年  2.生活習慣、しつけ
Q 『授業中の態度が悪い:11歳』
 小学5年生男の子です。先日、面談で衝撃的な事を聞かされました。授業中の態度が悪いらしく、椅子にふんぞり返ったり、やる気のない態度が見られるそうです。本人に聞くと「先生が嫌いでうっとうしいから」と言います。勉強は、どちらかといえばできる方みたいです。4年生までは、何の問題もなく過ごしてきました。こらからの事を考えると、ぐれてしまうのではないかと不安になります。私からは「先生がうっとうしいから、という理由でそんな態度をとってはいけない」と伝えました。そして、サッカーが好きでチームに入っていますが、「学校生活がきちんとできないならサッカーはやめてしまえ」とつい怒ってしまいました。どういう風に諭してよいかアドバイスをお願いします。
A イラスト「しばらく見守ってみましょう」
 お子さんの状態は、思春期にさしかかる頃によく訪れる「心の揺れ」ではないかと思われます。これは成長の一段階であり、お子さんの場合は「少し大人社会に反抗してみる」というような形で現れているのでしょう。ここで親が同じように揺れてしまうと逆効果になる事もあります。心配しすぎず、細かな事で「~しなさい」など叱ったり、指示をしたりせず、本質的なところを示してあげるといいかと思います。

「具体的な見守り方」
 サッカーが好きなら、真摯な姿勢でサッカーととことん向き合わせる事も一つの方法です。たとえば練習に必要なユニフォームや靴下は、前日に自分できちんと用意させましょう。促す時には、「せっかくサッカーをするならうまくなりなさい。そのためには、まずはサッカーに誠意を示してごらん。きっといいシュートが決められるよ」とサッカーに関連する生活態度を整わせましょう。親子の語らいにおいては、チームの事や練習での出来事など、色々話を聞いてあげましょう。監督さんには、親が先に敬意を持たれるといいでしょう。
 そうした信頼の触れ合いを持つ中で、学校に対するお子さんの正直な気持ちを聞いたり、お母さんが自然に意見を言える流れになったりもするでしょう。大きな未来を見据えながら見守ってあげましょう。
この質問をマイページに保存 ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾