男きょうだいで常に騒がしい子達への対応:4歳、8歳 | 9才まできょうだい、祖父母とのかかわり方 | 成功する子育てアドバイスQ&A - 学校情報日本の学校
子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
あなたの住んでいる場所から学校を探せる 公立小学校学区情報
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
9才まで 小学校低学年  4.きょうだい、祖父母とのかかわり方
Q 『男きょうだいで常に騒がしい子達への対応:4歳、8歳』
 4歳と8歳の息子がいます。いつもじゃれ合って仲良く遊んだり、そこから小競り合いでケンカを始めたり、また仲直りしたりと常に騒がしいです。それはそれで元気があって良いのですが、あまりに騒ぐ事に対して叱ったり、二人で私にちょっかいを出してきたり、構ってとそれぞれいってきたりとそれらも騒がしく、体力いっぱいの息子達の相手をするのにかなり疲れます。年齢が進めば落ち着くと自分に言い聞かせてきましたが、うるさーい!といっても余計に調子に乗って騒ぐような息子達に対して、どう言い聞かせていけば落ち着くようになってくれるのでしょうか。きょうだい同士でちょっかい出し合う環境が騒がしさを増長させているのでしょうか。
A イラスト「お母さん、頑張って!」
 大変な事だとは思いますが、理想的な家庭を築いてらっしゃると思います。じゃれ合ったり喧嘩をしたり、そしてまた仲直りをしたり、お母さんに叱られたり…。そうして子ども達は人との関係や距離を知り、脳や心を成長させていきます。
 お母さんにとっては気の休まる間も無いとは思いますが、この関わりが子ども達の大きな財産になっていくと捉え、上手に手抜きや息抜きを取り入れながら頑張ってみましょう。

「日頃の対話」
 体力のいる関わりは少しずつ減らし、子ども達に任せていきましょう。喧嘩はできるだけ介入せず、当人同士で解決させるようにしましょう。「お母さん、お兄ちゃんがね…」と訴えかけてきた時は話を最後まで聞くだけ聞き、その後は決して判断を下さず、「そうなの、困ったね。もう一度、お兄ちゃんにお願いしてみる?」等、促す程度で止めておきましょう。お母さんに言っても手ごたえが得られなければ、お母さんにぶつけてくる事が少しましにはなるでしょう。
 夜寝る前には照明を落とし、静かな雰囲気を作りながらそれぞれを抱きしめ、「今日も楽しかったね。お兄ちゃんは、明日は5時限の日だね。頑張ってね。○○君は、幼稚園でリトミックだね。上手にできるといいね」と穏やかな言葉を掛けながら締めくくってあげるといいでしょう。
ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾