家では活発なのに園ではできない事が多い:5歳 | 6才までこどもの性格、癖 | 成功する子育てアドバイスQ&A - 学校情報日本の学校
子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
あなたの住んでいる場所から学校を探せる 公立小学校学区情報
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
6才まで 幼稚園の時期  1.こどもの性格、癖
Q 『家では活発なのに園ではできない事が多い:5歳』
 年長(5歳)一人っ子の娘について。先日幼稚園にて面談があり、園での娘の様子について先生からお話しがありました。そこでは、先生の言う事が理解できないのか聞いてないのかスタートが遅れる。説明したばかりの事を「どうやったらいいの?」と聞いてくる。外遊びが終わり手洗い、うがい、お弁当の準備、着替え等で時間がかかる。お友達とのコミュニケーション能力も弱い。ごっこ遊びも始めは一緒に遊んでいてもスーッと居なくなり、一人で遊ぶか先生に話し掛けている。遊びのルールが理解できないのでは?と言われました。3歳で入園し、ずっと大人しい子と言われていますが、園と自宅では真逆です。活発でよく喋り、伝えた事が理解できない様には見えません。同じ事を何度も言ったり、オウム返し的な所は少し気になりますが、園で発達障害と言われ、未だにトイレでウンチができない事も関係があるのかもと言われショックです。共働きのため、一緒にいる時は自信を持ってもらう様に励ましています。
A イラスト「情緒を安定させてあげましょう」
 家でお母さんと普通に対話ができても、外では上手くいかない子は時々います。考えらえれる原因の一つは、情報量の多さです。たとえば先生が「さあ、今から折り紙をしましょう」と話していても、隣の子が頭をかく、「色紙」なら知ってるけど「折り紙」は知らない、誰かが面白い事を言って笑わせた等、山のようにあふれた刺激に意識が取られてしまうのです。
 対策として、まずはゆったりとした雰囲気の中で情緒の安定を計る工夫をしてみましょう。

「具体的な取り組み」
 対話をする時は子どもに集中し、「そう、それは良かったね」「で、どうしたの?」とにこやかに話を聞いてあげましょう。子どもの言いたい事が分かっていても、「○○よね」と途中で挟まず、最後まで話させてあげましょう。それだけでも子どもは、肯定されている感覚を持ち、自信につなげる事ができます。
 しつけの中で注意しないといけない事は、早口にならず、ゆっくり繰り返しましょう。
 夜寝る前には、早めに時間を取って、手足を撫でてあげるのもいいでしょう。そして「明日も、楽しみだね」と、幼稚園に対する良い印象を与えてあげましょう。

 しかし、そういった子育てをお母さん一人が抱え込んでしまっては大変です。幼稚園の先生にも理解を求め、時には子育て支援の窓口等を訪ねながら、みんなで育んでいきましょう。
ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾