食べ終わると同時にすぐ動き回る子への対応:5歳 | 6才まで生活習慣、しつけ | 成功する子育てアドバイスQ&A - 学校情報日本の学校
子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
あなたの住んでいる場所から学校を探せる 公立小学校学区情報
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
6才まで 幼稚園の時期  2.生活習慣、しつけ
Q 『食べ終わると同時にすぐ動き回る子への対応:5歳』
 5歳の息子について。食べている間は凄く大人しく、食べ遊びや飽きたりもせずありがたいのですが、食べ終わったとたんにじっとしている事ができず、歩き回ったり遊び始めたりしてしまいます。まだ「大人が食べ終わるまでじっとしておきなさい」が常にできる年齢ではないと思いますし仕方ないとは思いますが、大人は息子に合わせて慌てて食べるという日常です。家であればある程度なんとでもできますが、外食の時はすぐ立ち上がって動き回ろうとする息子をなだめたり、追いかけていったりと息つく暇がありません。主人が一緒だと膝の上にのせて動けないようにして待たせたりするのですが、私が目をみて真剣に言い聞かせても聞かないのは、なめられているのでしょうか…。食べている時はじっとする、が身について一安心していたのですが、どう教えていけばいいでしょうか。
A イラスト「出かける前にお約束してみましょう」
 5歳の男の子でしたら、そんなものです。「なめられている」と言えば否定はできませんが、もし本気でしつけたいのであれば「その場でお箸を置いてお店を出る」「外で思い切り叱る」「暫く外食はしない」等、大人もそれなりな覚悟が必要だと思います。しかしそこまでするのも大変ですし、まずは出かける前にきちんと座ってお約束をしてみましょう。

「具体的な対話」
 どこのレストランにするかの話し合いには、子どもも参加させましょう。食事のイベントは、そこから始っています。「××の焼肉がいいかしら」「僕はお寿司が食べたい」「△△のお寿司やさんは、君が階段で遊ぶからなぁ…」と、それなりに条件を絞りながら、お互いに歩み寄ってみましょう。子どもが一方的に大人に合わせるのではなく、子どもにも譲歩してあげるかわりに責任を持たせます。
 そして「お約束できる?」とみんなで確認し、お店に入る前にもう一度家族みんなで確信し合いましょう。お母さんだけがぶつぶつ言っても、なかなか通じません。
 子どもの食事が終わった後は、「お約束守ってくれてありがとう。もうちょっと待っててね」「これなら、また来れるよねパパ」と、みんなで褒めてあげましょう。
 今はまだ大変ですが、こうした事は年齢が進むに連れてできるようになっていきます。それまでは試行錯誤で頑張ってみてください。
ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾