性器いじりとストレスからの湿疹:6歳 | 9才までこどもの性格、癖 | 成功する子育てアドバイスQ&A - 学校情報日本の学校
子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
あなたの住んでいる場所から学校を探せる 公立小学校学区情報
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
9才まで 小学校低学年  1.こどもの性格、癖
Q 『性器いじりとストレスからの湿疹:6歳』
 小学校1年生の女児です。性器をいじる癖があります。朝晩布団に入ると、布団の中で上を向いて指で性器を触っていたり、布団を挟んでモゾモゾしていたりして主人と困っています。子どもに聞いたところ「おしっこ行きたくないのにムズムズする」と言っていました。「病院に行って診てもらおう」と子どもに言ったのですが、「もうしないから」と逆ギレしてきます。やめさせる方法はないのでしょうか。
 また、小学校に入学してから手足に湿疹ができてしまいました。病院で診てもらったところ、ストレスからの湿疹と言われました。幼稚園の頃は笑顔があり、素直な子どもだったのですが、学校に行ってから性格が変わり、ちょっとしたことで逆ギレし、目つきも変わってきたように思えます。
 このまま素直な子に育ってくれればと思いましたが、今では子どもに気を使いながら話をするようになってしまいました。子どもへの対応をどうすればいいのか困っています。教えてください。
A イラスト おそらくこの行為は、情緒不安定からくるもので、指を舐めたり爪を噛んだりするのとよく似た現象だと思われます。改善策として、行為を直させることに集中するのではなく、まずは心を安定させてあげる方向で対応してみましょう。

 ~対策のポイント~
1,しっかり外遊びをさせる
 日頃の生活をチェックしてみて下さい。小学校の入学と同時に、塾や習い事も始まっていないでしょうか。子どもらしくやんちゃに外遊びができていますか。「早くしなさい」や「~しなさい」の指示命令が増えていませんか。
 まだ小学校一年生です。たっぷりと外遊びをさせてのびのびとした生活をさせてみましょう。

2,親子で触れあう時間を増やしてみましょう
 時間をゆったり目にとって、お風呂で水遊びなどをさせてみましょう。早い目にお布団に入って腕枕で絵本の読み聞かせをしたり、抱っこで眠るのもいいですね。手足のマッサージもストレスを緩和させてあげるのに、大きな効果があります。

3,意識を違うところに向けてあげる
 この行為を目撃したときには、たとえば「ここは体のなかで一番柔らかなところだから、大事にしないといけないの。触りすぎると腫れちゃうからやめようね」と言葉をかけ、その場でギュ~っと言いながら抱きしめてみましょう。その後で脇をコチョコチョとくすぐってあげてもいいですね。

4,そのままを認める
 幼稚園時代は素直でよい子に思えたのは、ただ自己を上手く表現できなかっただけかもしれません。子どもは成長と共に表す所も変わってきます。「素直」以外にもお子さんの良いところは沢山あるはずです。今のお子さんのそのままを愛し受け入れてあげて下さい。

 以上のようなことをしばらく続けてみて下さい。それでも変化が無く目つきが気になるようでしたら、学校の先生、或いは保健所などの専門の窓口を訪ねられることをお勧めします。
ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾