漢検(日本漢字能力検定)過去問一覧|日本の学校
「漢検」にチャレンジしよう
幅広い年齢層が挑戦している「漢検」。このページでは、2級~10級までの過去問題を掲載しています。「漢検」を受検する前に挑戦してみよう。
「漢検」とは

「漢検」とは「日本漢字能力検定」のことを指し、漢字能力を測定する技能検定です。漢字を「読む」「書く」という知識量のみを測るのではなく、漢字の意味を理解し、文章の中で適切に使える能力も測ります。

「満点合格証書」(漢検に満点で合格された方だけにお送りする特別な合格証書)や「家族受検表彰制度」(家族で受検し合格された場合、申請により個別の合格証書に加えて家族合格表彰状を贈呈)など、様々な取り組みがされており、数ある資格試験の中でも、学歴・年齢などを問わず、楽しく気軽に受けられる資格といえます。

近年は就職活動に合わせて、一定の言語能力の証明として、漢検を取得する大学生・中高校生が増加しており、履歴書に記載できる資格として広く認知されています。社員教育で漢検を活用している企業もあり、実用性の高い資格として活用されています。

受験資格 制限なし(公開会場の場合、検定時間が異なれば、同日に4つの級まで受検できます。ただし検定料はそれぞれ必要です。)
検定日 年3回(国内公開会場)
受検地 国内公開会場 (全国主要都市に設置されています)、
団体受検準会場、海外の準会場※準会場、海外の準会場の検定日は公開会場と一部異なります。
※2020年11月の情報です。随時変更の可能性があるのでご注意ください。

漢検など資格が取得できる学校も多数掲載!興味のある学校を調べてみよう!

専門学校を探す  大学・短大を探す  高校を探す
pagetopへ
審査基準と過去問題

2019年度第1回検定

 級
 審査基準
 リ ン ク 
2級 すべての常用漢字(2136)字を理解し、文章の中で適切に使える。
 検定問題  標準解答
準2級 常用漢字のうち1951字を理解し、文章の中で適切に使える。
 検定問題  標準解答
3級 常用漢字のうち約1600字を理解し、文章の中で適切に使える。
 検定問題  標準解答
4級 常用漢字のうち約1300字を理解し、文章の中で適切に使える。
 検定問題  標準解答
5級 小学校第6学年までの学習漢字を理解し、文章の中で漢字が果たしている役割に対する知識を身に付け、漢字を文章の中で適切に使える。
 検定問題  標準解答
6級 小学校第5学年までの学習漢字を理解し、文章の中で漢字が果たしている役割を知り、正しく使える。
 検定問題  標準解答
7級 小学校第4学年までの学習漢字を理解し、文章の中で正しく使える。
 検定問題  標準解答
8級 小学校第3学年までの学習漢字を理解し、文や文章の中で使える。
 検定問題  標準解答
9級 小学校第2学年までの学習漢字を理解し、文や文章の中で使える。
 検定問題  標準解答
10級 小学校第1学年の学習漢字を理解し、文や文章の中で使える。
 検定問題  標準解答
※1級、準1級に関しましては「日本漢字能力検定」ホームページにてご確認ください。

漢検など資格が取得できる学校も多数掲載!興味のある学校を調べてみよう!

専門学校を探す  大学・短大を探す  高校を探す
【「日本漢字能力検定」に関するお問い合わせ先】
公益財団法人 日本漢字能力検定協会
<本部>
〒605-0074 京都市東山区祇園町南側551番地
TEL:0120-509-315  FAX:075-532-1110
ホームページ:https://www.kanken.or.jp/kanken/