京都産業大学の今、注目の新設学部・学科-JS日本の学校
今、注目の新設学部・学科

京都産業大学

文化学部 京都文化学科

現代社会学部 健康スポーツ社会学科

外国語学部 アジア言語学科

2021年4月、3学科の学びが充実し、入学定員も増員!

「文化学部 京都文化学科」入学定員増員100名→150名
文化学部 京都文化学科では、従来までの「京都文化コース」「英語コミュニケーションコース」に加え、「観光文化コース」を新設。観光という事柄を人々の交流・相互理解の場、さらに新たな文化が創造される機会ととらえ、京都の地に受け継がれてきた伝統や文化を理解・解釈し保存・活用しながら、いかに未来に伝えていけばよいかを探究していきます。「観光文化コース」では、「文化事象としての観光」「地域社会と観光」「文化財と観光」の3つを学びの柱としています。また、コースに限らず、京都文化学科では、京都に位置するという絶好のロケーションを活かし、伝統行事や宗教神事の運営、社寺・遺跡・文化財の実地調査など、京都をフィールドに実践的な学びを通じて、京都文化の「本物」に触れ、京都文化の本質を深く探究していくための多彩な科目を開設。京都の地で京都文化を学ぶ醍醐味が実感できます。
「現代社会学部 健康スポーツ社会学科」入学定員増員100名→150名
先行き不透明な現代社会において社会問題の本質を明らかにし、人生の羅針盤となる学問「社会学」や、心身ともに健康で質の高い生活を具現化する「健康スポーツ科学」への期待が高まっています。「社会学」と「健康スポーツ科学」の融合による学びで、新しい視点で健康・スポーツの可能性と価値を探究します。入学定員を増員しても、少人数での実習は、新たなスポーツ競技を加えることで、少人数教育を継続していきます。また、スポーツ指導法やスポーツ倫理など、現代スポーツに課せられた課題解決に必要となる科目を開講し、教育課程を一層充実させます。
「外国語学部 アジア言語学科」入学定員増員125名→130名
身近なアジア諸国の人々と心を通わせ、国際社会の発展にむけて経済や産業を動かしていくためには、語学をツールに、多様性を理解した上で問題解決に動いていくことが求められます。外国語学部アジア言語学科の日本語・コミュニケーション専攻では、日本語を母語としない人々への日本語教育を専門的に学び、世界の舞台で日本語や日本のことを客観的に伝えられる人材を育成。専攻語+英語+日本語学・日本語教育学などの学びを通じて、異文化間コミュニケーション能力と問題解決力を備えた「真の国際人」を目指します。また、従来までの日本語教員養成と並行して、国語学、日本文学等の科目を開設し、中学校及び高等学校一種免許状「国語」※の教職課程認定を申請中です。

※教職課程認定申請中(ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。)

京都産業大学について

●創   立:
1965年 
●学生数:
14,153名(2020年5月1日現在) 
●所在地:
京都府京都市北区上賀茂本山 
●電   話:
075-705-1437 
●URL:
https://www.kyoto-su.ac.jp 
京都産業大学の情報を見る
京都産業大学

京都産業大学

  • 資料請求
  • 願書請求
  • 京都産業大学

※資料・送料とも無料