検索する
しんしゅう

信州大学

(国立大学/長野)

資料請求

■学部・学科
●人文学部( 155名):人文学科 人類文化を総合的・多角的に認識する能力をもち、多様化・複雑化する地域社会や国際社会の広範な領域で、リーダーシップを発揮して活躍できる人材を養成する。
●教育学部( 240名):学校教育教員養成課程 社会の変化や児童・生徒の成長・発達課程で生ずる多様な問題に迅速かつ柔軟に対応できる教員の育成をめざす。初等教育と中等教育の連続性を重視しながら、義務教育教員の養成を中心に据えつつ、幼稚園から高等学校までの教育全体を見通すことができ、総合的な課題解決力を持ち、高度な専門性と実践的指導力を身につけた教員の養成を目的とする。
●経法学部( 180名):応用経済学科/総合法律学科 2016年4月、新学部「経法学部」を設置。知識を現実に応用できる能力を育成するために、行政から民間企業の人事担当者へのヒアリングを重ね、社会のニーズに基づくカリキュラムを用意。その特徴として、(1)経済学と法学という社会科学の専門的知識を体系的に学ぶことができ、(2)理工学や医学といった学術的応用分野との協働を視野に入れた学びの機会があり、(3)現場で活きる実践力、実装力を育むアクティブ・ラーニングや現場の協力を得て行う実践教育などが指摘できる。社会に貢献できる人材教育を行う。
●理学部(205名):数学科/理学科 研究の対象には、抽象化された数理の世界をはじめ、素粒子から宇宙まで、さらに生物やそれをとりまく自然環境が含まれている。基礎的な研究を通して豊かな学識と社会の複雑多様な変化にも対応できる能力の育成をめざす。
●医学部( 263名):医学科/保健学科 医学に関する分野の高度な研究を行うとともに、豊かな人間性と広い学問的視野を持ち、柔軟な思考力及び洞察力並びに問題を自発的に発見し解決する能力を身につける。
●工学部( 485名):物質化学科/電子情報システム工学科/水環境・土木工学科/機械システム工学科/建築学科 「新・工学の先駆者へ」新しい工学部、はじまる。2016年春、工学部はこれまでの7学科を再編・集約し、新しい5学科に生まれ変わる。「エネルギー」「食」「水」「先進材料」「環境」「デザイン」、現代社会が抱える問題を見据え、その解決をめざした学科展開を図ることにより、社会に貢献する人材育成をめざす。
●農学部(170名):農学生命科学科 人と自然が共生できる持続的社会の創造と課題探求能力を備えた人材の育成をめざす。21ヘクタールの農場をはじめ広大な演習林をもつ環境のもと、生命・自然環境などの教育研究を行う。
●繊維学部(280名):先進繊維・感性工学科/機械・ロボット学科/化学・材料学科/応用生物科学科 100年を越える伝統をもち、衣服の繊維だけでなく、衣食住に活用される製品開発のための科学技術を総合的に教育し、即戦力型の人材を育成している。企業や行政と連携して新製品開発を行う国立大学初の産学官連携施設を設けている。
■学費(2016年初年度納入金)
817,800円

信州大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●本部、人文学部、経済学部、理学部、医学部

〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1

TEL.0263-37-3450 

ページの先頭へ

信州大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※大学案内(2017年度版)※送料・手数料とも無料 (随時発送)

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで信州大学の情報をチェック!