茨城キリスト教大学 | 学部・学科・コース詳細(文学部) - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
文学部

幅広い教養を身につけた、地域社会・国際社会に貢献する人材を育成

  • ※2022年4月入学者対象のものです。
文学部
 
文学部の学科・コース・専攻一覧
現代英語学科
児童教育学科
  児童教育専攻
  幼児保育専攻
文化交流学科
 
文学部の特長
取得資格

■現代英語学科
<取得資格>
中学校教諭一種(英語)/高等学校教諭一種(英語)/小学校英語指導者資格/日本語教育施設の教員資格/学校図書館司書教諭/社会福祉主事(任用)/社会教育主事(任用)/学芸員
<めざせる資格>
TOEFL(R)・TOEIC(R) Listening & Reading Test/総合旅行業務取扱管理者

■児童教育学科 児童教育専攻
<取得資格>
小学校教諭一種/特別支援学校教諭一種(知的障害者・肢体不自由者・病弱者)※/学校図書館司書教諭/学芸員/社会福祉主事(任用)/社会教育主事(任用)
※児童教育学科 児童教育専攻で特別支援学校教諭一種を取得する場合、小学校教諭一種と併せて取得することになっています。特別支援学校教諭のみの取得はできません。

■児童教育学科 幼児保育専攻
<取得資格>
保育士/幼稚園教諭一種/学芸員/日本語教育施設の教員資格/社会福祉主事(任用)/社会教育主事(任用)

■文化交流学科
<取得資格>
中学校教諭一種(社会)/高等学校教諭一種(地理歴史)/日本語教育施設の教員資格/学校図書館司書教諭/社会福祉主事(任用)/社会教育主事(任用)/学芸員
<めざせる資格>
総合旅行業務取扱管理者

就職状況

■就職率(2020年3月卒業生実績/5月1日現在)
○現代英語学科 96.8%
○児童教育学科 児童教育専攻 98.8%
○児童教育学科 幼児保育専攻 98.5%
○文化交流学科 94.6%

カリキュラム

■現代英語学科
○自分に合ったスタイルで実践的な英語を学ぶ
英語は年度当初の英語力診断テストにより編成された習熟度別クラスで学習。各自に合ったペースで、基礎から幅広い教養、アカデミック・スキルまで身につけた後、ビジネスの場でも使える実践的な「専門科目」へと進んでいきます。
○小学校英語指導者資格の取得が可能
NPO法人「小学校英語指導者認定協議会(略称:J-SHINE)」から認定される指導者資格は、日本の小学校英語活動の専門家に与えられる資格。本学科では、この資格を取得することが可能なカリキュラムを用意しています。
○セメスター留学で英語力を強化
アメリカのハワイ大学マノア校やフィリピンのネグロス・オクシデンタルーレコレトス大学などの海外提携校へ、半年にわたって留学する制度です。履修科目が単位認定されるので、4年間での卒業が可能となっており、海外でインターンシップを経験できる、現代英語学科ならではのプログラムです。

■児童教育学科 児童教育専攻
○教員採用試験対策は万全
教員採用試験合格に向けて、教職歴豊かな専門スタッフを配置した教員採用試験対策室で、きめ細かく指導。併せて、教員採用試験対策講座、小論文対策講座、卒業生の採用試験体験報告会、2次試験対策指導など、充実したプログラムを用意しています。
○特別支援学校教諭一種免許状の取得が可能
本専攻では2011年4月、県内私立大学では初の特別支援学校教諭一種免許状を取得できる課程を開設。この資格を取得すると「特別支援学校」教員としての採用に加え、各学校に配置された「特別支援学級」などで活躍できるようになります。
○地域の子どもたちと交流して学ぶ
日立市教育委員会と連携し、小学校で学生が教師のアシスタントとして学習をサポートする活動を行っています。教育現場で地域の子どもたちと交流しながら、学習指導方法や子どもとの接し方などを学ぶことができます。

■児童教育学科 幼児保育専攻
○日常的に子どもと交流できる環境で学ぶ
キャンパス内には附属の認定こども園があり、実習や行事を通じて日常的に子どもと交流することができます。さらにサークル活動で子どもとの接し方を学ぶなど、授業以外でも学びの幅を大きく広げられる環境です。
○子どもの心と身体の発達について深く学ぶ
子どもの心理や言語の発達過程、年齢や時期に応じたケア、および特別な支援が必要な子どもへの対応を深く学べる心理系の科目が充実しています。さらに現場における必要性から、保護者の心理を学ぶ科目も設置しています。
○しっかり準備してから実習に臨む
実習に際しては、要点を確認するとともに、指導案の書き方などを入念に指導します。終了後はレポート提出により課題発見につなげる事後指導を実施。実践力を確実に高められるよう、きめ細かく指導を行っています。

■文化交流学科
○地域の今を学び、情報を自ら発信する
茨城県内のさまざまな企業・自治体などで活躍する人々から地域の今を学ぶ、地元に根ざしたIC ならではの授業を展開。学生たちも、広報誌を編集して自ら情報発信するなど、地域社会と積極的に交流を図っています。
○地域社会の活性化や観光について学ぶ
日立市の地理や歴史の変遷などを学び、地域活性化の方策について考える「ひたち学」や、観光を楽しむノウハウから観光業に就くための実践的な知識・技術まで学べる観光の授業など、特徴ある科目を設置しています。
○外国へ足を運び、異文化を体感する
実際に外国を訪れ、そこで暮らす人々の生活スタイルや価値観を体感したり、アジア地域で子どもたちに日本の文化を伝えるボランティア活動を行ったりしながら、他国の文化を吸収し、自国の文化を見つめ直します。

就職指導

■学科担当制と面談体制できめ細かくサポート
学科によりめざす業種や職種は異なります。そのため学科別に担当スタッフがつき、一人ひとりとの面談を通して学科の学びを活かせる仕事を見つけられるよう、専門的な視点からアドバイスします。

■進路希望に合わせた就職指導
就職指導は一般企業、教員、公務員、社会福祉関係など、学生の進路希望に合わせて行っています。採用試験や資格試験対策講座なども開講し、希望する分野別にきめ細かくフォローしています。

■キャリアサポートのプロで構成されたスタッフ
キャリセンスタッフの多くが、キャリアコンサルタントや産業カウンセラー等の資格を取得しています。大学を巣立ち、社会に向かう大切な局面だからこそ、キャリアの専門家として、真摯に支えます。

■「地元から世界まで」幅広く活躍する卒業生
高い信頼と評価を得ている地元だけではなく、県外から世界までをも視野に入れて社会で通用する人材の育成をめざします。多くの卒業生が官公庁や企業などで活躍しています。

 
インタビュー
高橋 拓美さん

在学生
高橋 拓美さん(文化交流学科 3年生)

国内外の文化や価値観にふれ、興味関心や学びの幅が広がります。

ICは海外からの留学生とふれ合う機会が多く、学内で異文化交流できるのが魅力です。津軽三味線の演奏者として活動していることを生かして、留学生と交流する学内のイベントなどで演奏することもあります。地域貢献や文化の継承について、広い視野で自ら発信していきたいです。

原 彩音さん

在学生
原 彩音さん(児童教育学科 幼児保育専攻 3年生)

グループワークでの交流により、人との信頼関係も深まります。

4年間かけてボランティア活動にも参加しながら学びたいと思いICに進学。障害児や社会的養護について理解を深めるため、積極的に人との関わりを持つ機会を作っています。たくさんの人と交流することで、自然と仲が深まるので、楽しく充実した学生生活が送れます。

 
学べる学問
  • 教育学
  • 国際関係学
  • 外国文学
  • 心理学
  • 児童学

 

目指せる職業
  • ツアーコンダクター
  • ホテルフロント
  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 日本語教師
  • 小学校教諭
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭
  • 特別支援学校教諭
  • 空港地上係員(グランドスタッフ)
  • キャビンアテンダント

資格
  • 保育士
  • 幼稚園教諭免許状
  • 小学校教諭免許状
  • 中学校教諭免許状
  • 高等学校教諭免許状
  • 社会福祉主事任用資格
  • 社会教育主事任用資格
  • 司書教諭
  • ・特別支援学校教諭
    ・学芸員

茨城キリスト教大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒319-1295 茨城県日立市大みか町6-11-1  0120-56-1890(入試広報部専用フリーダイヤル)

TEL.0294-54-3212  (入試広報部直通) 

ホームページ https://www.icc.ac.jp/
E-mail nyushi@icc.ac.jp
ページの先頭へ

茨城キリスト教大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※インターネット出願のため、詳しくは本学HPをご覧ください。

-

●入学案内
※インターネット出願のため、詳しくは本学HPをご覧ください。

_

注目の情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで茨城キリスト教大学の情報をチェック!