検索する
メイン写真

Be Real 京都でみつける新しい未来。2018年4月より3学部体制へ。

大谷大学の3つの特長

3つの特長1

新教室棟「慶聞館」

3つの特長2

抜群のアクセス、充実のキャンパスライフ

3つの特長3

学びを支える自慢の施設

新教室棟「慶聞館」。中央エントランスに広がる学生ロビーを中心に、カフェも併設され、アクティブ・ラーニングを実現する「マルチスペース(マルチ・コモン・サブゼミ)」など多様な教育空間を有機的に配置。自らが創る学びが実現するようにサポートします。

大谷大学のとっておきニュース

「大学ってどんなところ?」オープンキャンパスで一足早い学生生活を体験!

とっておきニュース

一足早い学生生活を体験して、大学生になった自分の姿をイメージしよう!
キャンパスを自由に見学できるほか、先生や在学生とコミュニケーションできる企画が盛りだくさんです。

大学説明会、個別相談、入試対策、模擬授業、在学生とのフリートーク、在学生による学び紹介、キャンパス見学ツアー、教員の個人研究室訪問など、大谷大学の学びについて知り、不安や疑問を解消しましょう!

〈2017年度開催予定〉
★2017年8月5日(土)、6日(日)、20日(日)
★2017年9月18日(月・祝)
★2018年3月21日(水・祝)
各回 9:45~15:00 事前申込不要!

進学相談会
●2017年10月8日(日)
●2017年12月10日(日)
各回 9:45~13:00 事前申込不要!

※詳細は本学ホームページでご確認ください。

大谷大学の 学科・コース

「社会学部」「教育学部」「文学部」の3学部体制へ。

社会学部※
コミュニティデザイン学科
  地域政策学コース
  社会福祉学コース
現代社会学科
  現代社会学コース(公共社会/人間関係/現代文化)
教育学部※
教育学科
  初等教育コース
  幼児教育コース
文学部(4年)
真宗学科
  思想探究コース
  現代臨床コース
  国際コース
仏教学科
  仏教思想コース
  現代仏教コース*
哲学科
  哲学・西洋思想コース*
  心理学・人間関係学コース*
  倫理学・公共哲学コース*
  宗教学・死生学コース
歴史学科
  日本史コース
  世界史コース*
  歴史ミュージアムコース
  京都探究コース*
文学科
  日本文学コース*
  現代文芸コース*
国際文化学科
  英語コミュニケーションコース*
  欧米文化コース
  アジア文化コース*
  *[2018年4月新設(予定)]
  ※[2018年4月設置]

上記は、2018年4月入学者対象のものです。

大谷大学の 学費のこと

■初年度納入金(2018年度)
【社会学部※】122万8,000円
【教育学部※】132万8,000円
【文学部】122万8,000円
※2018年4月設置

大谷大学の 学ぶこと

●学び方の特長
社会学部
豊かで便利な社会のように見える日本。しかしその裏側には、少子高齢化や地方の過疎化、経済格差、自然災害など、たくさんの社会問題が進行し、困っている人々がたくさんいます。社会学部が目指すのは、困っている人々に「寄り添う心」を原動力として、「人と人をつなぎ、問題を解決する力」を養うこと。人と人、人と地域、お互いが敬いあい、支えあい、ともに生きていく、本当の意味で豊かな、これからの社会を創造する人を育てるために、社会学部では独自の学びのサイクルを設定。社会の中のあらゆる出来事から発見した研究テーマについて「話し、聞き、見る」「調べる、読む、まとめる」「伝える、見返す、やり直す」のプロセスを経験。その中で、課題の「発見」「整理」「共有」「解決に向けた協働」のサイクルを実践することで、しっかりとした問題解決力を養います。

教育学部
子どものこころに寄り添い、豊かな育ちと学びを支える。そんな「こころ先生」を育てるために、大谷大学の教育学部(構想中)では、初等教育コースにおいて、これまで文学部 教育・心理学科で培った教員養成のノウハウを活かし、子どもたちと実際に触れあう学習機会を豊富に設けます。また、幼児教育コースを設置することで、保育士資格の取得が可能に。将来の幅が広がり、学生一人ひとりが「こころ先生」に向けて成長していける環境を整えています。

文学部
文学部の学びでは、歴史の中で蓄積された多様な文化を通して、人と社会に関わる重要な問題を見極め、自らを深く見つめ直して、現代社会を主体的に生きぬく力を身につけることができます。各学科では、歴史、文学、哲学、宗教、国際文化を専門的に学びますが、共通して大切なことは、自らの考えを的確に人に伝えるということです。そこでは情報を正しく読み取り、論理的に考えを整理して、きちんと書き示す能力=「読み書き」の力が重要です。そのため、各学科ではそれぞれの学びを通して「読み書き」の力を徹底的に鍛えます。また、読み書きの基礎力を高め、自信をもって授業に臨むためのサポートとして学習支援室を設けるほか、専門分野の学びを支える総合研究室や図書館、博物館など、みなさんの学びたいという気持ちを支える環境が整っています。

大谷大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒603-8143 京都府京都市北区小山上総町

TEL.075-411-8114  (入学センター直通)  FAX.075-411-8160 

ホームページ http://www.otani.ac.jp/nyushi/
E-mail nyushi-c@sec.otani.ac.jp
ページの先頭へ

大谷大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料ともに無料。入学案内は6月上旬、願書は9月上旬完成予定です。

-

●入学案内・願書
※資料・送料ともに無料。入学案内は6月上旬、願書は9月上旬完成予定です。

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで大谷大学の情報をチェック!