神田外語大学 | 学部・学科・コース詳細(アジア言語学科) - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
外国語学部 アジア言語学科

世界の熱い視線を浴びる「アジア」を学び、未来の舞台に立つ人材を育成。

  • ※2021年4月入学者対象のものです。
アジア言語学科
 
アジア言語学科のコース・専攻一覧
中国語専攻
韓国語専攻
インドネシア語専攻
ベトナム語専攻
タイ語専攻
 
アジア言語学科の特長
カリキュラム

■中国語専攻
中国語をフル活用するためには、なんといっても発音が重要。中国語は、漢字を使うことから日本人にとって学びやすい言語といえますが、発音においては、日本人が苦手とする巻き舌での発音などに苦戦する人が多いため、初期段階からの練習が必要です。そのため、神田外語大学では、1年次で発音を徹底的に学べるようなカリキュラムを組んでいます。最初にきれいな発音を習得すれば、それが自信となり、さらなる勉学へのモチベーションにつながるはず。こうして学んだ実践的な中国語は、卒業後の社会で幅広く活躍するための即戦力となるでしょう。

■韓国語専攻
ハングル(文字)はその難解そうな印象とは異なり、決まったルールさえ覚えてしまえばすぐに読めるようになります。また韓国語の文法構造は日本語とよく似ているので、日本語で考えた文法の順番で、韓国語もほぼ成り立つのです。本専攻では、まず発音を徹底して習得。「語基」という日本独自の概念の学習法を用いており、これは日本人が韓国語を習得するのに非常に適していると考えています。これらを身につけることで、大学の4 年間でほとんどの学生が日常会話はもちろん、通訳・翻訳レベルまで達することも可能です。

■インドネシア語専攻
インドネシア語専攻は、交換留学制度により両国の学生同士の交流が非常に盛んです。卒業後に現地で働くことを視野に入れている学生の中には、留学期間中に交流を深め、将来へのコネクションを作って帰ってくる学生もいるほどです。まずは日本の企業に就職して、数年後に現地へ派遣されるというパターンもあります。いずれにせよ、今後ビジネスチャンスが見込めるインドネシア語を習得しておくことは、間違いなく将来の強みになるはずです。

■ベトナム語専攻
ベトナム語の発音には「声調」といわれる音の上げ下げがあります。中国語やタイ語にもありますが、ベトナム語は声調が6種類と多いのが特徴。ベトナム語は音が美しく、特に女性が話すベトナム語は「小鳥のさえずりのようだ」と表現されるほどです。本専攻では、4年間で発音、聞き取りが現地の人と同レベルで行えることだけでなく、ビジネスの場でも役立つ実用的なベトナム語の運用能力を身につけます。

■タイ語専攻
タイ語は欧米語とは異なる書記体系を持つため、日常会話は簡単ですが、読み書きは難しい言語です。しかし、タイ語の新聞や本を読み、毎日少しずつでもタイ語にふれることで、卒業研究に取り組むための文献講読も可能になります。難易度の高い言語を努力して習得する経験により、社会に出て役立つ判断力や問題解決力が身につくでしょう。

施設・設備

■MULC(Multilingual Communication Center)
~パスポートのいらない海外留学~
現地に旅し留学する感覚を味わいながら、言語と文化を学ぶユニークな空間、それが、MULC(マルク)です。本学の専攻言語をカバーした7つの言語エリアには、各々の生活文化を代表する街並みや建物が再現されています。また各言語の外国人教員が在籍し、豊富な書籍やCD、DVD、衛星放送、さらには留学生との交流など、現地さながらの外国語環境にひたり、異文化コミュニケーション力を身につけます。

●中国語エリア
中国東部、山水の美しさで有名な、蘇州にある世界遺産となっている名園「拙政園」(せっせいえん)や「留園」(りゅうえん)を参考に、中国庭園を彩る建造物や鑑賞、瞑想用に配された複雑な形をした奇石・太湖石(たいこせき)などを再現しています。

●韓国語エリア
韓国の伝統家屋「ハンオク」を再現しています。漆喰で固めた瓦屋根と塀を設けた平屋建てで、家屋の中央に「マダン」と呼ばれる小さな庭空間を持っているのが特徴です。床下には伝統的な床暖房「オンドル」用の薪、家の前にはキムチなどの漬物に使う大瓶が並んでいます。

●インドネシア語エリア
豊かな自然と信仰に包まれたバリの伝統的家屋をモチーフとし、人と自然が調和した庶民の生活環境を再現しています。入口にいくつかの悪霊除けの工夫が見られるのが特徴で、開口部の小さい門に、「アリン・アリン」と呼ばれる魔除の壁を建て、曲がった道が苦手な悪霊を入りにくくしています。また門の正面のガネーシャは悪霊を見張っています。

●ベトナム語エリア
ベトナム中部にある世界遺産「ホイアン」の街並みを参考に、旧家の店舗となる前家部を再現しています。間口は狭く、実際は奥に長く、前家から子棟、橋棟を渡した中庭、居住空間の後ろ家に裏庭と、うなぎの寝床のように続いています。屋根は薄手の瓦を陰陽の形に交互に敷き詰め、大量の漆喰でかまぼこ状に固め、台風にも飛ばされない重さ、構造となっています。

●タイ語エリア
タイの首都バンコクの青空に映え、一つとして同じもののない煌びやかな黄金の伝統建築。そうした建造物の中から、タイ古来より伝わる休憩所「サーラー」を構築。タイ独特の、朱の柱に豪華な細工が施された金色の屋根が太陽の日射しに照り映える様を再現しています。

その他の特色

■英語+地域言語のダブルメジャー
外国語学部では、英語に加えて中国語、韓国語、インドネシア語、ベトナム語、タイ語、スペイン語、ブラジル・ポルトガル語のいずれかを同時に専攻できるダブルメジャー制度を採用しています。2カ国語をマスターできれば、海外で働く時もスムーズです。共通語である英語は必須ですが、英語を母語としない方とコミュニケーションをとる時には現地の言葉が役立ちます。卒業生の中にもダブルメジャーで2カ国語を習得し、海外で活躍している人が多数います。世界を舞台に活躍する時、ダブルメジャーは大きな強みとなることでしょう。

■外国語学部の4つの研究コース
●言語研究コース
日本語や外国語の習得ではなく、言語そのものを研究対象としたコースです。日本語や専攻する言語のみならず、人間の「ことば」一般について深い洞察力を養い、言語の研究を手がかりにして人間や社会に関する理解を深めていきます。

●コミュニケーション研究コース
ヒューマン・コミュニケーション、言語コミュニケーション、コンピュータ・コミュニケーションの三つを柱に、コミュニケーションという人間の行為自体を研究対象としています。学生の関心や興味に基づいて研究できるように幅広い講義を用意しています。

●総合文化研究コース
日本のほか、アメリカ、中国、韓国、イベロアメリカ、東南アジアの各国・地域に関する文化、思想、歴史、政治、社会について学びます。複数の国や地域を比較し、より理解を深めていけるような科目群で構成されています。

●地域・国際研究コース
グローバル化が著しい現代社会の国際情勢や国際関係について総合的に理解を深めるための研究コースです。地球規模での社会的課題と、地域社会が抱える課題を学び、自分たちがどのように国際貢献していけるのかを考えます。

 
学べる学問
  • 国際関係学
  • 外国語学
  • 言語学
  • コミュニケーション学
  • 文化人類学

 

目指せる職業
  • ツアーコンダクター
  • 通訳
  • ツアープランナー
  • 通訳ガイド
  • 翻訳家
  • 児童英語教師
  • 観光局スタッフ
  • 海外駐在員
  • 留学コーディネーター
  • 外務公務員
  • 客室乗務員
  • 小学校教諭
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭

資格
  • 実用英語技能検定(英検®)
  • 諸外国語
  • TOEIC
  • 小学校教諭
  • TOEFL
  • 中学校教諭
  • 国際連合公用語英語検定試験
  • 全国通訳案内士試験
  • 翻訳
  • 日商ビジネス英語検定
  • ・高等学校教諭

神田外語大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒261-0014 千葉県千葉市美浜区若葉1-4-1

TEL.043-273-2826  FAX.043-273-2988  (アドミッション&コミュニケーション部) 

ホームページ https://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/
ページの先頭へ

神田外語大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※詳しくは神田外語大学ホームページをご覧ください。

-

●入学案内
※詳しくは神田外語大学ホームページをご覧ください。

_

ピックアップ
オープンキャンパス

注目★学校情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで神田外語大学の情報をチェック!