神奈川大学 - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
メイン画像

2021年4月、横浜みなとみらいに新キャンパス誕生!

神奈川大学の3つの特長

3つの特長1

2021年4月、横浜「みなとみらいキャンパス」誕生!

3つの特長2

4年間で最大880万円の奨学金を給付する、伝統の「給費生制度」

3つの特長3

1年次からの一貫した「キャリア教育」と「就職支援プログラム」

1~2年次まで正課授業に「キャリア形成」科目を導入しているほか、3年次以降は独自の「就職支援プログラム」で自己PRや企業研究、面接試験などのより実践的な対策講座を行っています。また、国内外でのインターンシップや資格教育課程・資格取得講座などの体制を整え、一人ひとりの進路をサポートしています。

神奈川大学のとっておきニュース

“PC・スマホで神大とつながる”サイバーオープンキャンパスがOPEN!

とっておきニュース

WEB上でオープンキャンパスを開催しています!
大学全体のこと、学部・学科のこと、入試のことなどを動画で視聴できたり、オンラインでの説明会「LIVE!ガイダンス」や、「オンライン個別相談」の情報確認や申し込みができたり…。神奈川大学の魅力や情報をギュッと詰め込んだサイトとなっています。
今後も入試情報をはじめ、どんどんコンテンツを更新していく予定ですので、ぜひ下記のURLをブックマークしてチェックしてください!

サイバーオープンキャンパスのURLはコチラ
https://cyberopencampus.kanagawa-u.ac.jp/

プログラムの例
■オンラインで神大とつながる!
・LIVE!ガイダンス
・オンライン個別相談
■いつでも視聴可能!
・キャンパスツアー on WEB
・理工系ガイダンス
・入試対策講座
・PICK UP PEOPLE など

神奈川大学の 学科・コース

18,000人が学ぶ、文・理9学部の総合大学

法学部 (4年)
法律学科
自治行政学科
経済学部 (4年)
経済学科(現代経済専攻/経済分析専攻)
現代ビジネス学科
経営学部 (4年)
国際経営学科
英語英文学科(IESプログラム/GECプログラム)
スペイン語学科
中国語学科
国際文化交流学科
日本文化学科
歴史民俗学科
人間科学科
理学部 (4年)
総合理学プログラム
数理・物理学科
情報科学科
化学科
生物科学科
工学部 (4年)
総合工学プログラム
機械工学科
電気電子情報工学科
物質生命化学科
情報システム創成学科
経営工学科
建築学部 [2022年設置構想中](4年)
建築学科[建築学系/都市生活学系]

上記は、2022年4月入学者対象のものです。

神奈川大学の学費のこと

■2022年初年度納入金
●法学部・経済学部
117万5800円
●経営学部・外国語学部・国際日本学部
127万6300円
●人間科学部
117万6300円
●理学部・工学部
152万3300円
●建築学部
160万円

■返還不要の奨学金を最大880万円給付
「給費生制度」は1933年から実施している独自の奨学金制度です。「給費生試験」は12月19日(日)全国約20会場で実施します。試験問題は3科目型で、一般入試と同水準の難易度。大学入学共通テストの前に合否がわかるので、実力を測るよい機会となっています。
試験の結果、給費生として入学すると、返還不要の奨学金として、文系学部は年額100万円・110万円(学部により異なる)、理学部・工学部は年額135万円、建築学部は年額145万円、さらに自宅外通学者には年間70万円の生活援助金が原則4年間給付されます(2022年度予定/毎年継続審査あり)。また、給費生として採用されなくても、試験の成績優良者は一般入試を免除して入学が許可されます。また、給費生の成長を支援する取り組みとして、1年次に約3週間の海外研修を実施しています。

■返還不要の給付型奨学金制度が充実
上記の「給費生制度」のほか、「新入生奨学金」「地方出身学生支援奨学金」など新入生向けの奨学金制度が充実。入学後も、「学術研究活動支援奨学金」や「海外活動支援奨学金」などで学生生活をサポートしています。また、入学前に採用候補者が決定する「神奈川大学予約型奨学金」は入学後の経済的支援を行うことを目的とした奨学金制度です。対象試験に合格し、奨学生となった方には年額20万円~50万円を原則4年間給付します(学部・自宅所在地により異なる/毎年継続審査あり)。申請期間は10月中旬~下旬。詳細は大学公式ホームページをご確認ください。

神奈川大学の特長

■2022年4月「建築学部」設置構想中*
2022年4月に向けて、工学部建築学科を母体とした建築学部の新設を構想しています。あらゆる視点から、人々の暮らしをより豊かで、快適にデザインしていく。そんな「建築」を学ぶ新たな学部です。2学系、5コース(構造・環境・デザイン・住生活創造・まち再生)を新たに設置し、プログラム制を導入。一般選抜では文系型試験方法の選択も可能で、理系・文系の枠を越えて幅広い視点で建築を学びます。
*予定のため変更の可能性があります

■語学学修環境・多彩な留学制度の充実
「生きた英語」が身につく学修環境を整えています。ネイティブ講師による習熟度別の授業やTOEIC(R)L&Rテスト対策講座などの正課外英語講座を開講。「E-Learning」やネイティブ講師との会話を通じて英語力を高められる「English Lounge」も常設。留学制度も充実しており、協定校・提携校は世界約40の国と地域にわたり、独自の給付型奨学金「海外活動支援奨学金」で経済面からもサポートしています。2019年には、外国人留学生と日本人学生が暮らす学生寮「栗田谷アカデメイア」を新設。コンセプトは「まちのような国際学生寮」で、「生活レベルの異文化体験」ができる環境を整えています。

神奈川大学のキャンパスのこと

2021年4月、横浜に新たに「みなとみらいキャンパス」が誕生!
高さ約100m、21階建て《都市型・未来型》の「みなとみらいキャンパス」がついに誕生しました。経営学部、外国語学部、国際日本学部のグローバル系3学部が集結。低層階は市民にも開かれ、多様な人や文化が交流する新たな《知の拠点》となります。みなとみらいという立地を活用した新たな学びにも注目です。

神奈川大学の所在地/問い合わせ先

所在地

●横浜キャンパス

〒221-8686 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1

TEL.045-481-5857  (問い合わせ先:入試センター) 

●湘南ひらつかキャンパス

〒259-1293 神奈川県平塚市土屋2946

TEL.0463-59-4111  ※理学部は2023年に横浜キャンパスへ移転予定

●みなとみらいキャンパス

〒220-8739 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-5-3

TEL.045-664-3710 

ホームページ https://www.kanagawa-u.ac.jp/
E-mail admissioncenter@kanagawa-u.ac.jp
ページの先頭へ

神奈川大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※大学案内:送料とも無料。随時発送。※願書:Web出願のためHPよりダウンロードしてください。

-

●入学案内
※大学案内:送料とも無料。随時発送。※願書:Web出願のためHPよりダウンロードしてください。

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで神奈川大学の情報をチェック!