きょうあいがくえんまえばしこくさい

共愛学園前橋国際大学

(私立大学/群馬県前橋市)

資料請求

国際社会学部 国際社会学科 児童教育コース

国際感覚を持った小学校教員をめざす

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
児童教育コース
この学部・学科の資料をもらう
 
 
児童教育コースの特長
カリキュラム

教育学部ではなく国際社会学部で教員を養成する意義として、『国際理解』『人権と共生』『地域と児童』など、国際化する地域社会が直面している課題について多面的に学び、グローバルな視野を養うのが特長です。

◆小学校教員、児童英語教師、地域での子どもの指導など、幅広い人材育成に対応。
◆他コースの科目も履修可能。語学・文化・国際・情報・経済などを広く学ぶことで広い視野を育成。
◆国際化する地域の課題に対応できる小学校等教員を養成するため、通常の教育学部にはない独自のカリキュラムを編成。

■児童教育コースの3つのプログラム
2年次からは個々の選択により、次のいずれかの専修に所属します。基本的に小学校教諭免許状を取得し、そのうえで各専修で専門性をさらに磨くことになります。

●小学校教員専修
即戦力となる小学校教員のプロを養成します。
● こども英語専修 
小学校英語必修化に対応できる小学校教師やこども英会話教室の指導者など、子どもに英語を教えるプロを養成します。
●こどもサポート専修
自らの得意分野と小学校教育の専門性を合わせもつ地域社会に密着した教育のプロを養成します。例えば、学習塾講師や家庭教師(得意分野:小学校全科)、スポーツインストラクター(得意分野:体育、水泳、体操など)、音楽教室やピアノ教室の講師(得意分野:音楽)、福祉住環境コーディネーターや食生活アドバイザー(得意分野:家庭科)、絵画教室や陶芸教室の講師(得意分野:美術)、日本語教師(得意分野:国語)などです。

目標資格

小学校教諭第1種免許状/児童英語教師

卒業後の進路

小学校教諭、児童英語教師、地域での子どもの指導者

資格取得指導

■教職支援室
小学校での校長などを経験した教育のプロが、教員採用試験対策講座の開講や個別指導など、充実のサポートを実施。教員志望者の2人に1人が現役合格を勝ち取っています。(2014年度 教員採用試験結果)

独自の学習システム

■学校フィールドワーク
全国に先駆けて導入した実体験プログラム。2年生と3年生がペアを組み、隣接の小学校で1週間の学習支援活動を行います。主に授業を教える教育実習とは異なり、学習指導だけでなく放課後の活動指導を通して子どもを理解し、豊かな学びと教え方を身につけるのが目的です。

特待生制度

■小・中学校教職特待生制度
教職をめざす受験生を対象とし、小・中学校教職特待生入試(センター利用)での得点によって、入学金と授業料が免除されます。(最長4年間。1年ごとの成績による継続審査あり)
・定員5名
・センター試験4教科4科目(国語・外国語を含む)で判定
・入学手続きは、国公立大学発表後

 
インタビュー
大場 拓哉さん

卒業生 大場 拓哉さん(上越教育大学大学院進学/2016年3月卒業)

共愛に入学したのは、まさに運命の巡り合わせ

第一志望ではなかったけれど今はこの大学に来て本当によかったと思っています。1年次の時から「教員になる」という考えしかなく、先生やスタッフの方に「この大学には多くの活動があるから参加してみて」と誘われ、ボランティアや学内外の活動に参加したことで、人間的に大きく成長できました。3年次にはオープンキャンパスの説明役をつとめ、ピアノを使った授業形式の説明もしました。学生主体の大学だからこそ様々な活動ができ、自分の力となったと思います。これまで培った力を出し切り、茨城県小学校教員採用試験と大学院の両方に合格できました。大学院で音楽の免許を取得し、現場に出ることが今後の目標です。

吉田 秀星さん

卒業生 吉田 秀星さん(群馬県中学校勤務(英語教員)/2017年3月卒業)

子どもの可能性を切り開く先生になる

中学校でトランペット、高校でマーチングを始め、卒業後に渡米してマーチングの往路チームに3年間所属しました。この先、マーチングとどう関わっていこうかと考えたときに、自分のチームを育てて全国大会に連れて行くのが夢だと気付き、アメリカで学んだ英語を活かすことも考えて、帰国後にこの大学に入学しました。現在は大学生活を送りながら、休日に県内外でマーチングの指導に明け暮れています。コースの授業はActive Learningが多いので、体育や美術などは自分でできたり、教師目線での授業の練習ができたり、かなり実践的です。教科書で学ぶ内容をどう現場で活かせばいいかが分かるので、教育実習にも抵抗なく臨むことができました。マーチングの指導には自信がありますが、全教科自身を持って指導するのはとても難しく、まだまだ勉強が必要です。子ども達の未来を切り開き、未来への道筋を立ててあげられる先生になれたらいいなと思っています。

岸 一弘 教授

先生 岸 一弘 教授(国際社会学科 児童教育コース)

教員たるもの、「授業」で勝負しましょう

誰しもが「教員になりたい」と考えて本コースに入学します。ですから、ぜひ勉学に励む4年間を過ごしてほしいと思います。とくに小学校の教員を目指す学生なら、全教科指導できることはもちろん、何か一つ「専門性」を身につけてほしいですね。そのためには、コース所属の教授のゼミで専門性を一層高めていき、得意な教科に磨きをかけると良いでしょう。熱意ある学生の入学を待っています。

 
学べる学問
  • 教育学
  • 児童学

 

目指せる職業
  • 小学校教諭
  • スクールカウンセラー

資格
  • 小学校教諭

共愛学園前橋国際大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4  フリーダイヤル 0120-5931-37(受験生専用)

TEL.027-266-7575  (代)  FAX.027-266-7596 

ホームページ http://www.kyoai.ac.jp/
E-mail mkc@c.kyoai.ac.jp
ページの先頭へ

共愛学園前橋国際大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで共愛学園前橋国際大学の情報をチェック!