相模女子大学 - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
  • 相模女子大学
  • 相模女子大学
  • 相模女子大学
  • 相模女子大学

さがみじょし

相模女子大学

(私立大学/神奈川県相模原市南区) >>お気に入りに追加する

発想力に富んだ女性になり、自ら進むべき道を見つける

相模女子大学の 学部・学科・コース

未来にひろがる多彩な学び

学芸学部(4年)

日本語日本文学科

英語文化コミュニケーション学科

子ども教育学科

メディア情報学科

生活デザイン学科

人間社会学部(4年)

社会マネジメント学科

人間心理学科

栄養科学部(4年)

健康栄養学科

管理栄養学科

上記は、2023年4月入学者対象のものです。

相模女子大学の写真・動画

相模女子大学のオープンキャンパス

相模女子大学の就職・資格

就職
きめ細かい就職指導が自慢です
資格
社会で役立つ資格取得をサポートします

相模女子大学の学費のこと

■2022年初年度納入金(参考)
134万5000円~148万5000円
※学部・学科により異なります。

■入試による奨学制度(新入生対象)
●特別奨学生制度
入学年度の授業料の全額を免除します。2年次以降については、成績が一定の水準を下回る場合を除き、継続して授業料の全額を免除します。

●地方学生支援特別奨学金制度
地方から上京して、本学で意欲的に学びたいという優秀な学生の入学後の生活を支援する制度です。入学年度の1年に限り、給付金(年額30万円)を支給します。

■奨学制度
●相模女子大学奨学金:1年間の授業料相当額(貸与)など

相模女子大学の特長

■創立122年、歴史あるキャンパスで少人数教育を実践
相模女子大学は、明治33(1900)年に創設された日本女学校を母体とし、122年の歴史を誇ります。在学生からも先生と学生の距離が近いという声がよく聞かれます。クラス担任制の導入やゼミナール、卒業研究といった科目に象徴される、少人数が基本の授業が多くあります。

■未来を切り拓く発想力を育てる授業“さがみ発想講座”
さまざまな分野のエキスパートである教員が、それぞれの得意分野で広く使われている発想法を紹介します。履修する学生はその発想法を実践し、自在にアイデアを生み出します。発想力を鍛えることで、社会に貢献し、活躍できる女性になってほしい。そんな願いが込められた授業です。

■相模大野駅近くに広がる、17万3000平方メートルのキャンパス
新宿駅から32分、相模大野駅より徒歩10分でアクセスできる好立地ながら、春は桜、初夏のまぶしい新緑、秋には金色に染まる銀杏並木など、17万3000平方メートルの広大な敷地面積を誇るキャンパスは、今もさがみ野の自然を残し、四季折々の風景を私たちに見せてくれます。

■夢をかなえるセンター
学生の主体的な学びを支援する「夢をかなえるセンター」を設置。本学では、授業だけでなく、課外活動においても学ぶ力と教養を身につける場をつくり、学生自らが将来を考える機会を提供します。

■学修・生活支援課
2019年秋に学修と生活に関する相談やサポートを行う部署「学修・生活支援課」が誕生しました。自習スペースやクラブ活動のミーティング、プレゼンテーションの練習など、さまざまに活用できるラーニングコモンズも設置しています。

■日本全国へ広がる地域貢献活動
本学では社会貢献活動として、全国の自治体、企業、団体などと連携し、地域の問題解決に向けた活動に取り組んでいます。現地に滞在して学び・考える「地域協働活動」、相模原市の公益的な活動に参加する「相模原市ボランティア認定制度」など、活動の形はさまざま。各地の特産物を生かしたコラボ商品も数多く誕生しています。

■幼稚部(認定こども園)から大学院までの総合学園
キャンパス内に幼稚部(認定こども園)から大学院までそろう特色を生かし、併設各部の枠を越えた学園内連携を深めています。学園全体の学びの質や人間性の向上などをめざし、さまざまな取り組みを推進しています。

相模女子大学の所在地/問い合わせ先

〒252-0383 神奈川県相模原市南区文京2-1-1  フリーダイヤル 0120-816-332

TEL.042-749-5533  (入試課) 

相模女子大学の資料や願書をもらおう

パンフをもらおう

※資料・送料とも無料

スマホで見るsmartphone

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで相模女子大学の情報をチェック!