たかちほ

高千穂大学

(私立大学/東京都杉並区)

資料請求

願書請求

経営学部

幅広い教養と経営能力を有する創造型企業人の育成を目指して

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
経営学部
この学部・学科の資料をもらう
 
経営学部の学科・コース・専攻一覧
経営学科
  企業経営コース
  経営法務コース
  起業・事業承継コース
  情報コース
 
経営学部の特長
取得資格

中学校教諭一種免許状(社会)
高等学校教諭一種免許状(商業/地理歴史/公民/情報)

カリキュラム

■企業経営コース
「モノやサービスを売って利益を分配し、組織を大きくする」という会社が発展する過程と、その過程で生じるさまざまな出来事を検証。国内外の優れた企業戦略を調べ、人的資源管理と賃金の関係、生産の立場から経営効率を上げるためのテクニックなどを学びます。
[研究テーマ例]●帝国データバンクと東京商工リサーチの売上の差について●フォロワーシップ論●ビッグデータとはどんな役割を果たすのか?●ディズニー(R)の来場者数減少の分析●クラウドファウンディングが変えるビジネス●第4次産業革命●女性が活躍する企業●トヨタ自動車の経営戦略 など

■経営法務コース
現代社会では、自社の利益追求に並行して、CSR(企業の社会的責任)が求められます。つまり社会全体の利益に配慮しながら企業活動を行う必要があるのです。経営法務コースでは、このCSRや企業にかかわる法律、法令遵守(コンプライアンス)のあり方などを学びます。
[研究テーマ例]●不正アクセス●違法ダウンロードの現状と対策●過重労働について●エンプロイアビリティの重要性●インサイダー取引●ワークライフバランスとは何か など

■起業・事業承継コース
起業したい、実家の事業を継ぎたいなど、経営者をめざす人のためのコースです。企業経営のあり方や事業計画の立て方、有名な起業家について学ぶとともに、実際に企業研究・見学を行い、理論と実践の両面から、経営者にふさわしいスキルを身につけます。
[研究テーマ例]●ファミリービジネスの効率性●コマ大戦から見る中小製造業の生き残り方●起業をするには●事業承継における課題点と改善策●海外で起業するには何が必要か●起業家、その教育について●長続きする商店経営の実態●社会貢献と営利活動 など

■2017年情報コースが誕生!
企業経営に関する多彩な科目が学べると同時に、プログラミングやデータベースなど実際にコンピュータを使用した実践的な情報通信技術を学ぶことができます。また、そうしたIT技術をどのように経営に活かしていくか、といったITと経営のつながりについても詳しく学ぶことができます。
[研究テーマ例]●ビッグデータから見るさまざまなモノ●新しいアプリビジネスについて●KH Coderによる分析●モノのインターネットとは●Google検索によるヒットから普及への道●VR/AR●ヴィジュアルプログラミング言語●ランサムウェア●アプリの個人開発●違法ダウンロードの現状と対策 など

卒業後の進路

■企業経営コース
企業営業・販売・宣伝や総務、人事、広報、生産管理、企画戦略室などのセクションで活躍する道が幅広く開けます。また、将来は企業の幹部候補やセクションのマネージャーとして活躍することができます。

■経営法務コース
法律的知識は、すべての企業人にとって武器となります。商社、金融機関、メーカー、建設会社、流通、小売業・サービス業で営業職、総務・法務職・内部監査、秘書、公務員など、幅広く活躍できます。

■起業・事業承継コース
起業家スピリットと経営学の両方を身につけます。在学中にカフェ、囲碁サロン、インターネット通販を起業した学生や、卒業後に家業(サッシ販売、段ボール製造等)を継承した卒業生がいます。

■情報コース
一般企業の情報システム部門、ソフトウェアや情報システム開発などの情報通信産業、インターネットビジネスやゲーム、アプリ、コンテンツなどの情報メディア産業などの各分野で、幅広く活躍できます。

独自の学習システム

■起業・事業承継コースの学生が企業研修
<中小の企業を訪問し、経営の成功を学ぶ>
起業・事業承継コースでは、学外での企業研修を行っています。この研修は将来、家業の後継者や起業家をめざす学生ができるだけ多くの企業や経営者に接することで、理論と実務の両方を習得します。

■アドバイザー制度
専任教員が学生一人ひとりに対応する仕組みです。1年次はゼミ I の担当教員が、2年次以降は専門ゼミの担当教員がアドバイザーとしてサポートします。入学から卒業まで一貫したサポート体制で学生生活を支援します。

単位互換制度

■首都圏西部大学単位互換協定
1999(平成11)年4月から発足した「首都圏西部大学単位互換協定」は、この地域の大学・短期大学(以下「大学」には短期大学を含むものとして「大学」と呼びます)が相互に単位互換協定を締結し、これらの大学に所属する学生が、他の大学の授業科目を履修し、そこで取得した単位をその学生が所属する大学の単位として認定しようとするものです。

 
インタビュー
千葉 優子さん

在学生 千葉 優子さん(経営学部 企業経営コース 4年 竹内ゼミ)

漠然としか知らなかった経営について幅広く学ぶことができた

経営を学べばどんな企業に就職しても将来役立つと思い、企業経営コースを選びました。経営組織論では企業の組織構成を学び、経営心理学ではコミュニケーションやリーダーシップの重要性を学んだことにより、就職活動にも活かすことができました。
所属している竹内ゼミでは、販売士2級の資格取得が条件となっています。そのため専門科目の販売管理論を学んだ結果、2年次で取得することができました。また、商品の陳列や見せ方など、授業で学んだ具体的な施策はホームセンターのアルバイトでも活かすことができました。
経営学特別講義では実際に企業の方に講演をして頂くので、とても興味深く、毎回楽しみにしていた授業でした。授業で得た幅広い知識と、資格を活かし、将来は販売関係の仕事に就きたいと思っています。

永井 千賀子さん

在学生 永井 千賀子さん(経営学部 起業・事業承継コース 4年 大島ゼミ)

学祭での事業計画や企業研修で経営者になるための基礎を学ぶ

実家が蕎麦店を経営しており、将来は継ぎたいと思い、経営者になるための基礎を学ぶ起業・事業継承コースに入学しました。1年次の簿記は覚えることがたくさんあり大変でしたが、経営には絶対に必要なスキルなので真面目に取り組みました。
2年次の事業創造論では授業の一環として、大学祭で模擬店を出店。販売するターゲットを定めて、事業計画を練り、ホットサンド店を企画しました。現場では売上目標に向かって臨機応変に対応し、座学では得られない実際の声を聞くことができました。
3年次の企業経営実習ではラーメンチェーンの本部で研修を受けるとともにフランチャイズの仕組みについて学びました。様々な分野の事業責任者が講義をする経営学特別講義では、経営者の生の話を聞くことができ、視野が広がりました。

人見 竜輝さん

在学生 人見 竜輝さん(経営学部 情報コース 4年 永戸ゼミ)

パソコンが得意ではなくても分かりやすい授業が助けてくれる

経営学に興味があり経営学部を選んだのですが、コンピュータに対して苦手意識がありました。1年次の必修科目で履修した、基礎コンピュータの授業が分かりやすく、学ぶうちに楽しくなったので情報コースを選択しました。
2年次のコンピュータ概論ではアプリを使いこなせるようになり、新たな知識も身につきました。実践的な学習だけではなく、情報リテラシーや情報社会論では、コンピュータと世の中との関わりやSNSの歴史について学んだことも興味深かったです。
情報技術を専門とする永戸先生のゼミでは、IT技術を使った新しい金融サービスの「フィンテック」について調べ、研究をしています。大学で得た知識を、ますます情報化が進む社会の中で将来役立てたいです。

 
学べる学問
  • 経営学
  • 経営工学
  • 商学
  • 経済学

 

目指せる職業
  • 営業
  • 経営者
  • 経営コンサルタント
  • 起業家

高千穂大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒168-8508 東京都杉並区大宮2-19-1

TEL.0120-012-816  FAX.03-3313-9034 

ホームページ http://www.takachiho.jp/admission
E-mail nyushi@takachiho.ac.jp
ページの先頭へ

高千穂大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・願書とも送料無料。

-

●入学案内・願書
※資料・願書とも送料無料。

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで高千穂大学の情報をチェック!