検索する
メイン写真

いつの時代も、新しきを生きる。

同志社女子大学の3つの特長

3つの特長1

管理栄養士国家試験合格率100%など、各種国家試験で高い合格率

3つの特長2

幅広い教養と世界で通用する国際感覚を養う多彩なプログラム

3つの特長3

充実したキャリアサポートで、2014年度卒業生就職率97.3%

第29回管理栄養士国家試験で、食物栄養科学科管理栄養士専攻を2015年3月に卒業した92名全員が受験し92名が合格、合格率は3年連続100%となりました。また、第100回薬剤師国家試験では2014年度卒業生110名が受験し、81名が合格、合格率は73.64%となりました。

同志社女子大学の 学科・コース

豊かな人間性、幅広い教養、高度な専門性を育むカリキュラム

学芸学部(4年)
  演奏専攻
  音楽文化専攻
薬学部[6年制課程](6年)
看護学部(4年)
表象文化学部(4年)
生活科学部(4年)
  食物科学専攻
  管理栄養士専攻

上記は、2016年4月入学者対象のものです。

同志社女子大学の 学費のこと

■2016年度納入金(入学金含む)
131.9万円~227.7万円 ※学部・学科により異なる

■奨学金制度
教育の機会均等を経済的側面から実現するための手段として、種々の奨学金制度があります。一つは国が行っている日本学生支援機構奨学金、一つは本学が行っている各種学内奨学金、そして国・地方公共団体及び民間団体が行っている奨学金制度です。
●日本学生支援機構奨学金(第一種奨学金・第二種奨学金)●国・地方公共団体・民間育英団体奨学金●学内奨学金(推薦によるもの)●学内奨学金(公募によるもの)●同志社女子大学新島賞  ※詳細はお問い合わせください。

同志社女子大学の キャンパスのこと

<京田辺キャンパス>京都・大阪・奈良の中間点に位置する関西文化学術研究都市の北端に位置し、豊かな緑に囲まれた小高い丘陵地に広大な敷地(約13万平方メートル)を構えています。
<今出川キャンパス>国の登録有形文化財が今なお教室として利用されており、歴史的文化遺産と最新の学びが融合しています。京都市のほぼ中心に位置し交通の便が良く、南に京都御苑、北に相国寺があり歴史と伝統に囲まれた絶好の環境にあります。

同志社女子大学の 学びのこと

■目標に応じた学びを組み立てることができる
1年次に基礎固め、2・3年次で専門性の高い分野へ向かった学びが、4年次での卒業論文、卒業研究へと結実するように配慮されています。また、他学科科目や共通学芸科目、キリスト教・同志社関係科目、外国語科目、スポーツ・健康科目の各カテゴリーが有機的に統合されており、知識の幅を大きく広げられます。

■キャンパスの外で学ぶインターンシップ。社会で通用する実践力を磨く
企業などの実社会での就業体験を通じて、職業観を確立するインターンシップ。キャリアサポートセンターが実施するインターンシップIでは全国各地の企業など約100社の受け入れ先があります。また各学科の専門分野に関連するインターンシップも実施しています。

同志社女子大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●京田辺キャンパス

〒610-0395 京都府京田辺市興戸

TEL.0774-65-8712  (高大連携課)  FAX.0774-65-8460 

ホームページ http://www.dwc.doshisha.ac.jp
E-mail examstaff@dwc.doshisha.ac.jp
ページの先頭へ

同志社女子大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで同志社女子大学の情報をチェック!