日本大学 | 学部・学科・コース詳細(生物資源科学部) - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
にほん
(私立大学/東京都・静岡県・千葉県・福島県・神奈川県)

資料請求

生物資源科学部

「生産・利用科学」「生命科学」「環境科学」の3分野を柱に
21世紀の諸問題に対応できる専門家を養成

  • ※2021年4月入学者対象のものです。
生物資源科学部
 
生物資源科学部の学部紹介動画
生物資源科学部の学科・コース・専攻一覧
生命農学科
生命化学科
獣医学科(6年制)
動物資源科学科
食品ビジネス学科
森林資源科学科
海洋生物資源科学科
生物環境工学科
食品生命学科
国際地域開発学科
応用生物科学科
くらしの生物学科
 
生物資源科学部の特長
就職状況

■進路・支援
各学科に関連した専門性や資格を活かし、企業、公的機関をはじめ、公務員、教員として多くの卒業生が活躍しています。また、大学院への進学も増えています。教職課程、学芸員課程のほか資格取得に関連した豊富な科目を開設しています。また課外講座として「公務員講座」を開設し、公務員をめざす学生をバックアップしています。
■卒業生の主な就職先(2020年3月実績)
サカタのタネ/マルハニチロ/大成建設/赤城乳業/味の素冷凍食品/高梨乳業/日清食品ホールディングス/山崎製パン/スリーボンド/全薬工業/住友林業緑化/東北電力/東日本旅客鉄道/モスフードサービス/農業共済組合/小泉アフリカ・ライオン・サファリ/横浜八景島/全国農業協同組合連合会/(公財)国際人材育成機構/東京水道サービス/厚生労働省/農林水産省/財務省東京税関/厚生労働省福島労働局/農林水産省動物検疫所/国土交通省関東地方整備局/千葉県庁/警視庁/神奈川県庁/横浜市役所/その他

カリキュラム

■人口増加や食料・環境問題などの解決に挑むスペシャリストを養成
人口増加や食料・環境問題などが深刻化する中、生態系の維持と修復、生物の共存を追究する「生物資源科学」が必要とされています。生物資源科学部は、生物資源の「生産・利用科学」「生命科学」「環境科学」の3分野を中心に、21世紀の諸問題に取り組む人材を養成する学部です。植物、動物、微生物の生産・利用や、動植物の健康管理、新しい機能を持った食品の開発など、あらゆる生物資源が研究対象です。

施設・設備

■フィールドサイエンス教育を支える学内外施設が充実
キャンパスは東京ドーム12個分もの広さを誇ります。学生ホールや学生のアクティブな学修をサポートする1号館をはじめ、温室や牧草地、乳牛のさく乳施設などを備えた農場、演習林、付属動物病院や食品加工実習所、生命科学研究所、生物環境科学研究センター、先端食機能研究センターなども設置。学外にも下田臨海実験所(静岡県)や演習林水上実習所(群馬県)、富士自然教育センター(静岡県)などの充実した施設を所有し、さまざまなフィールドサイエンス教育を実施しています。

独自の教育体制

■教室外での実験・実習や、海外との研究交流も積極的に推進
生物資源科学部の学びの基本は、生物と地球を肌で感じること。学部独自に実施する「総合的フィールドサイエンス教育」では、教室だけでなく、フィールドでの実験や実習を通じて、さまざまな生命の営みやそれを支える地球環境を五感で体感できます。また、国際教育・研修交流も積極的に推進し、グローバルな教育・研究を展開しています。

 
学べる学問
  • 生物学
  • 農学
  • 環境学
  • 水産学
  • 獣医学
  • 農芸化学
  • 畜産学
  • 林産学

 

日本大学の所在地/問い合わせ先

所在地

●生物資源科学部

〒252-0880 神奈川県藤沢市亀井野1866

TEL.0466-84-3812 

ホームページ http://www.nihon-u.ac.jp/admission_info/
ページの先頭へ

日本大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※学校案内「2022年度進学ガイド&入試インフォメーション」は6月中旬以降随時発送(送料200円)/願書はWEBにてダウンロード(無料)

-

●入学案内
※学校案内「2022年度進学ガイド&入試インフォメーション」は6月中旬以降随時発送(送料200円)/願書はWEBにてダウンロード(無料)

_

注目の情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで日本大学の情報をチェック!