ぶんきょう

文教大学

(私立大学/神奈川県・埼玉県)

資料請求

文学部

「ことば」の背景にある異文化を深く理解し、
「ことば」を通じた高度なコミュニケーションスキルを身につける

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
文学部
この学部・学科の資料をもらう
 
文学部の学科・コース・専攻一覧
日本語日本文学科
英米語英米文学科
中国語中国文学科
外国語学科
 
文学部の特長
学べる内容

■「ことば」を学び「異文化」を学ぶ4学科

●「ことば」の学びにフォーカスした学び
日本語、英語、中国語という「ことば」を学ぶ3つの学科。さらに2017 年4月に誕生した「外国語学科」では、英語、または英語プラス1 言語の高度なコミュニケーション能力の獲得を目指して学びます。
4 つの学科に共通しているのは、文学をはじめ歴史や思想、芸術など、「ことば」の背景にある文化をも幅広く学ぶということ。グローバル化が進む社会で活躍するために必要な「言語運用能力」と、「異文化を理解する能力」をともに磨いていきます。

【日本語日本文学科】
グローバルな視点で日本の「ことば」と「文化」の特質をとらえ、日本語の豊かな表現の仕組みを理解します。中学・高校の国語・書道の教員や、外国人に教える日本語教員に必要な専門的知識も修得します。
【英米語英米文学科】
「聞く」「話す」「読む」「書く」という基礎力の上に、ただ単に英語ができるというだけでなく、英語圏の文化や思想を理解し、国際的な舞台で活躍できる力を身につけます。
【中国語中国文学科】
中国を理解し交流するために「聞く・話す・読む・書く」の基礎からしっかりと学習し、その言語・文学・社会・文化を深く探求します。現代社会でニーズの高い中国語によるコミュニケーション能力を身につけることができます。
【外国語学科】
英語プラス1の言語(ドイツ語・フランス語・中国語・コリア語)を修得し、英語圏への留学を全員実施。異文化への理解を深めた、真のコミュニケーション力を育てます。

資格について

■中学校・高校の教員免許、図書館司書資格がとれる!

●中学校・高校の教員を目指せる
国語、英語、中国語の中学校・高等学校教諭1種免許の取得が可能です。文学部のどの学科からも多くの先輩が教壇に立って活躍しています。

●図書館司書資格を取得できる
司書課程を設置。書物はもちろん、さまざまな情報メディアに関するスキルを通して知識・情報と人を結ぶ専門家「図書館司書」を養成しています。図書館情報学を学ぶコースを履修することもできます。

海外研修制度

■充実した海外語学・文化研修

短期・長期の留学をはじめ、語学・文化研修、海外インターンシップや国際交流プロジェクトなどの機会が豊富。学科ごとの専門性に合わせて、言語運用能力や異文化理解力を伸ばすことができます。

●長期留学
1年間を上限に本学と協定を結ぶ海外の大学に留学できます。アメリカ、ドイツ、オーストラリア、韓国、中国などに協定校があります。

●短期留学
外国語学科では、2年次春学期に短期の海外留学が必修となります。また、中国語中国文学科では、中国・台湾の大学に半年間留学する認定留学制度もあります。

●海外研修プログラム
イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、中国などさまざまな国で研修できるプログラムが多数あります。研修期間も約1週間~5週間などさまざまです。

 
インタビュー
清水博紀さん

在学生 清水博紀さん(文学部 日本語日本文学科 4年)

多様な意見に耳を傾け自分の考えをまとめていくスキルが身についた

高校の演劇部を通じて日本語に興味を持ち入学しました。古典から近代まで色々な時代の文学に接して知識の幅を広げることができ、論理的に考えられるようになりました。特に鈴木先生のゼミは先輩や後輩とも交流する機会が多く、「他者と意見を交換し自分の考えをまとめていく」習慣が自然に身につきました。教員を目指す学生も多く、お互いに切磋琢磨できる環境。これからも多くの人の意見を吸収して成長できる教員になるのが目標です。

小高菜美さん

在学生 小高菜美さん(文学部 英米語英米文学科 4年)

海外での英語教育の実態や効果的な教育法を教員としての実践に活かしたい

英語や英語教育だけでなく英米文化や文学など幅広く学べるのがこの学科の魅力。オーストラリア・メルボルンへの1年間の留学も経験しアカデミックな英語を読み書きする力を磨きました。他国の英語教育や英語の教え方に興味を持ち、外国語の習得について研究しているゾラナ先生のゼミで学んでいます。卒業論文のテーマは「英検3級と中学校英語教育の関係性」。日本の教育制度を尊重しながら「実践的な英語」を教えるための方法を考えたいです。

矢部鈴子さん

在学生 矢部鈴子さん(文学部 中国語中国文学科 4年)

「客家族」の伝統建築についてフィールド調査も行いながら研究しています

中国南部に住む「客家族」とその伝統建築である「土楼」について研究しています。客家族は漢民族ですが独自のアイデンティティを持つ人びと。迫害を受け山奥に移り住み、堅牢な要塞のような土楼を築くようになったと言われます。日本語と中国語の文献に目を通し、客家がどこから来たのか、土楼のような建築様式がなぜ生まれたのかを考察しています。フィールド調査のために現地を訪れた際には短期語学研修でのレッスンが役立ちました。

 
学べる学問
  • 国際関係学
  • 日本文学
  • 外国文学
  • 外国語学
  • 言語学
  • 歴史学

 

目指せる職業
  • 通訳
  • 翻訳家
  • 外国語講師
  • 日本語教師
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭
  • 外資系企業スタッフ
  • 図書館司書
  • 留学コーディネーター

資格
  • 実用英語技能検定(英検)
  • 諸外国語
  • TOEIC
  • TOEFL
  • 中学校教諭

文教大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●越谷キャンパス/教育学部、人間科学部、文学部

〒343-8511 埼玉県越谷市南荻島3337

TEL.048-974-8811  (代) 

ホームページ http://www.bunkyo.ac.jp/
E-mail nyushi@bunkyo.ac.jp
ページの先頭へ

文教大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※本学ではインターネットによる出願のみ受け付けているため冊子形式の願書はありません(インターネット出願マニュアルを配布しています)

-

●入学案内
※本学ではインターネットによる出願のみ受け付けているため冊子形式の願書はありません(インターネット出願マニュアルを配布しています)

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで文教大学の情報をチェック!