きょうえいだいがく

共栄大学

(私立大学/埼玉県春日部市)

資料請求

教育学部 教育学科

共栄大学は【少人数×現場主義】 学生約10人に先生1人の指導、1年次からの小学校実習など教育現場の最前線を体験しながら学ぶ

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
教育学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
教育学科の特長
学部・学科・コースについて

1年次より埼玉県春日部市内の小学校や地域の中で学び、小学校教諭を目指します。また、1年次より教科の指導法を学ぶ授業を充実させ、指導力のある教員を養成します。学生約6人に教員1人の少人数指導体制で学びから学校生活まで専任教員が責任を持って教育します。

取得資格

■取得できる資格
小学校教諭一種免許状、学校図書館司書教諭 など

カリキュラム

■4年間、現場で学ぶ、教育学部
1年次から小学校へ実習経験のできる授業「学校ふれあい体験」を用意しています。より早く教員の現場や意識を理解でき、目標を持って学んでいくことができます。2年次からは「学校教育研修生」で週1日、埼玉県春日部市内の小学校を中心に勤務体験を行い、教員の心構えや子どもとの接し方を学びます。4年間、教育現場で学び続けることによって「教員になりたい」というモチベーションを高めていきます。

■「心理学」を学ぶ
学校教育の現場において効果的な教育を行うために、教育心理学、教授・学習心理学、カウンセリング、家族心理学、臨床心理学、発達心理学などの教師として必要とされる心理学知識を修得します。

独自の学習システム

■学校ふれあい体験 ~実習授業~
「学校ふれあい体験」は埼玉県春日部市、埼玉県さいたま市などの小学校と連携し、授業補助や学校行事への参加を通じて教員の仕事や子どもへの指導などを現場で学ぶ、共栄大学ならではの体験型カリキュラムです。1年次から教育の現場を体験することで、より早く教員の立場や意識を理解でき、明確な目標をもって学んでいくことができます。貴重な学習の機会ですので、教員のやりがいや喜びを体感してください。

■学校教育研修生制度
週に1日、埼玉県春日部市内の小学校を中心に研修を行いながら教員の心構えや子どもとの接し方を学びます。遠足や運動会などにも参加。学生のうちから学校行事の運営方法まで踏み込んで体験する機会を用意しています。共栄大学の学びは現場体験に徹底的にこだわります。

■放課後子ども教室 地域での「寺子屋」の運営
埼玉県春日部市立武里南小学校と連携して、「放課後子ども教室」を運営。一部に「寺子屋」を設け、地域の子どもたちの学習支援などを行います。大学の授業が終わったら、寺子屋で放課後の子どもたちとふれあいます。

■学住接近プログラム ~暮らす・学ぶ・交流する~
学生が埼玉県春日部市内の武里団地に住みながら、学校教育研修生やボランティアとして団地内の小学校で活動します。地域ぐるみで子どもを育てる視点を養います。

■ボランティア活動
教育学部では、多くの学生がボランティア活動に参加しています。例えば「さいたま土曜チャレンジスクール」では、土曜日等に子どもたちに勉強を教えたり、工作の宿題などをサポート。そのほかにも、春日部青年会議所主催のドッジボール大会の補助や「子ども大学かすかべ」の運営、小学校の夏休み中の学習サポートなどさまざまなボランティアを行っています。

■スプリング・サマースクール
大学の春期・夏期の長期休暇は学習がおろそかになりがちです。共栄大学では長期休暇を教員採用試験に向けて基礎固めをする大切な時間と考え、特別講座を用意しています。

資格取得指導

■共栄大学教職アカデミー 「先生になりたい!」夢を実現する 
教職アカデミーは小学校採用試験の合格を目的とした教員採用試験対策講座です。学内完結型で時間的な負担も少なく、4年間の学部授業と連携したコース編成で、小学校教員・校長経験者である教授陣が教師に必要な知識を養成します。

■「アドバイザー制度」
1年次より、学生約10人を専任教員1人が責任をもって見守る【アドバイザー制度】を設けています。科目履修についてのアドバイスはもちろん、学生生活上の悩みなどにも親身に対応します。「基礎演習」の授業ではアドバイザーごとのグループ単位で課題を追究していくことで、大学での学びの基盤をつくります。

 
インタビュー
高橋 良平 さん

卒業生 高橋 良平 さん(教育学部 2015年3月卒業)

手探りで行事を組み立てた経験は、今の指導にも活きています

教育学部1期生だったため、授業も学校行事も手探りで先生方と一緒につくりあげていったという印象があります。学園祭やオープンキャンパスを運営する学生会に所属していたのですが、「どうしたら来場者が楽しんでくれるだろう」「高校生は何が知りたいだろう」と何度もメンバーで話し合い、カタチにしていきました。人の気持ちを想像して行動に移していく姿勢は、今、授業を組み立てるうえでも活かされていると感じています。

坂本 千夏 さん

卒業生 坂本 千夏 さん(教育学部 2018年3月卒業)

大学のサポートで試験を乗り越えることができました

「子ども教室」のサークルに所属し、積極的に子どもと関わってきました。子どもたちが楽しくイベントに参加できるように工夫したり、元気がない子への声のかけ方を考えたりする経験は、教育実習にも活かすことができました。3年次からは教員採用試験に向け、教職アカデミーを受講して筆記試験対策に加え、面接の練習や論文の添削を繰り返し行いました。今振り返ると教職員の方々や、先輩方のサポートがなければ試験は乗り越えられなかったと思います。

中嶋 祐太 さん

卒業生 中嶋 祐太 さん(教育学部 2018年3月卒業)

一度はあきらめた教員の夢。3年次の実習で再び目指すように

1年次の「学校ふれあい体験」では「遊んでくれる優しいお兄さん」になってしまったので、学童保育のアルバイトで経験を積んで2年次の学校教育研修に臨みました。でも緊張感ある授業を行うことができず、教員の難しさを実感。自信を失い、民間企業への就職も考えるようになりました。3年次の教育実習では「これが最後」と覚悟を決めて取り組んだことが良かったのか、大きな達成感を得ることができたので、また教員を目指そうと思うようになれました。

 
学べる学問
  • 教育学
  • 教員養成
  • 児童学

 

目指せる職業
  • 小学校教諭
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭
  • 法務教官
  • 家庭裁判所調査官

資格
  • 小学校教諭

共栄大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒344-0051 埼玉県春日部市内牧4158

TEL.048-755-2490  FAX.048-755-3198 

ホームページ http://www.kyoei.ac.jp/
E-mail nyushi@kyoei.ac.jp
ページの先頭へ

共栄大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで共栄大学の情報をチェック!