森ノ宮医療大学 診療放射線学科の詳細情報

もりのみやいりょう

森ノ宮医療大学

(私立大学/大阪府大阪市住之江区) >>お気に入りに追加する

パンフをもらおう
※送料とも無料。WEB出願のため、願書ではなく要項を発送します

医療技術学部 診療放射線学科

チーム医療を支える、放射線診療のスペシャリスト「診療放射線技師」へ

診療放射線学科の特長

学部・学科・コースについて

■「診断」と「治療」までを担う、臨床力の高い人材を育成

徹底した「基礎医学」教育により、診療に必要な人体の構造や機能について学修。また身体の中の画像化は、“誰が撮っても同じ”ではなく、撮影者の知識と技術がそのまま反映されるうえ、画像を評価(読影)する能力も求められます。これらの技術を確実に身につけるため「画像検査」や「画像解剖」について学ぶカリキュラムを数多く配置しています。なお通常定められている10単位分の臨床実習に加えて、さらに2単位分の「主体的臨床実習」を導入するなど、放射線診療を行うために必要な知識と技術を総合的に身につけます。
■診療放射線技師とは?
診療放射線技師とは、医師の指示の下に、X線CT、X線TV、PET、SPECTなどの放射線機器で人体を撮影し、診断に必要な画像情報を提供する専門職です。また放射線を照射してがん治療も担当します。放射線を安全に管理し、高度医療を支えるため、現代医療に欠かせない存在です。

もっと見る

学べる内容

■先進科学技術系カリキュラムで高度医療を身につける

●先進医学
研究開発段階の最新医療機器や医療技術について、研究開発者から話を聴き、読影補助に必要な画像検査の見識を広めます。
●先進画像解析学
これまで学んだ撮影技術学、臨床画像解析学、医用画像情報学、画像工学に関する知識や技術をさらに深めます。
●先進放射線治療学
最新の放射線治療技術を身につけると同時に、放射線治療分野における先進科学技術について学びます。
●IPW論
全学科共同で「チーム医療」について学ぶ科目。各学科の学生が集い、「ケースカンファレンス(症例検討会)」というグループワークを行います。具体的な症例がテーマとして与えられ、その症例に対しどのような治療やケアが必要かを、それぞれの立場から検討します。多職種と連携した協議を通じて、最適なアプローチ方法を考えます。

もっと見る

取得受験資格

■診療放射線学科で取得可能な資格

診療放射線技師国家試験受験資格
第1種・第2種放射線取扱主任者(国家資格)
エックス線作業主任者(国家資格)※
ガンマ線透過写真撮影作業主任者(国家資格)※
※診療放射線技師取得後、届出のみで取得可能

もっと見る

卒業後の進路

■多彩に広がる活躍のフィールド

一般的には病院等の医療機関への就職が多いですが、放射線を扱うことができる専門職であるため、医療機器メーカーや原子力関連企業などの一般企業でも幅広く活躍することができます。人間ドックや健康診断などの検査を行う健診センターで働いている技師も多く、自分の希望や適性に合わせてさまざまな働き方ができるのも特徴のひとつです。
■女性技師へのニーズが拡大
例えば近年、“乳がん”の早期発見に、診療放射線技師による「マンモグラフィ検査」が有効とされ、検診率が増加傾向にあります。
女性が安心して検査を受けられるよう、女性の診療放射線技師が必要とされています。しかし、女性の診療放射線技師が少ないという背景もあり、需要が高まっています。

もっと見る

       

診療放射線学科の概要

診療放射線学科
  • 定員80名
  • 募集共学
  • 学費180万円  [入学金含む]

※2022年4月現在のものです。

学べる学問

  • ・保健・衛生学
  • ・医学
  • ・人間科学
  • ・心理学
  • ・画像・音響工学
  • ・情報工学
  • ・電気工学
  • ・電子工学
  • ・物理学

目指せる職業

  • ・診療放射線技師

資格

  • ・診療放射線技師

森ノ宮医療大学の所在地/問い合わせ先

●コスモキャンパス

〒559-8611 大阪府大阪市住之江区南港北1-26-16

TEL.0120-68-8908  (入学広報センター)  FAX.06-6616-6912 

森ノ宮医療大学の資料や願書をもらおう

パンフをもらおう

※送料とも無料。WEB出願のため、願書ではなく要項を発送します

オープンキャンパス情報open campus

もっと見る

スマホで見るsmartphone

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで森ノ宮医療大学の情報をチェック!

SNS紹介