善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

最新のニュース
 

震災の教訓を次代につなぐ 語り部の技 釜石で学ぶ

 

宮城県 気仙沼向洋高校 向洋語り部クラブのみなさん

new
 

短命県返上へ 県産食材で健康「まっ黒弁当」考案

 

青森県 八戸商業高校 5人の3年生

new
 

太宰府の梅を活用し商品開発 地域ブランドから世界へ

 

福岡県 福岡農業高校 食品科学科梅研究班のみなさん

new
 

東京五輪・パラ目指す南スーダン選手に 頑張ってとトマト贈る

 

長野県 富士見高校 園芸科野菜・食品コースの3年生のみなさん

new
 

手作りのミニ門松 「新しい年も安全に」と運転手に贈る

 

埼玉県 皆野高校 1・3年生 生徒会のみなさん

new
 

振り込め詐欺にだまされないで 年賀状スタンプで訴え

 

埼玉県 浦和第一女子高校 美術部のみなさん

new
 

フードポスト、地元スーパーに設置 食品、捨てないで寄付を

 

岩手県 久慈東高校 2年生のみなさん

new
 

保育園にサンタがやってきた 園児にLED看板贈る

 

長野県 長野工業高校 機械科のみなさん

new
 

首里城復興応援モザイク画 札幌の沖縄物産店前に展示

 

北海道 旭川工業高校 有志生徒のみなさん

 

コロナ禍 緊迫の医療現場を取材 感謝込め新聞制作

 

滋賀県 彦根東高校 新聞部のみなさん

 

「二宮堀クリーン作戦」

 

栃木県 今市高校 1年生のみなさん

 

独自の流星観測法で、「はやぶさ2」カプセル回収観測に協力

 

宮城県 古川黎明高校 自然科学部のみなさん

宮城県 気仙沼向洋高校 向洋語り部クラブのみなさん

この学校を詳しく知ろう

宮城県気仙沼向洋高校の旧校舎は、2011年3月に起きた東日本大震災で高さ約12メートルの津波に襲われるなど多大な被害を受けた。19年3月、当時の状態のまま保存され、地震と津波の脅威と教訓を伝えるため、展示施設を併設する「気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館」として開館した。

20年6月、同校の有志生徒が、震災の経験を語り継ぐ活動をしたいと学校に申し出て「向洋語り部クラブ」を発足した。

生徒たちは、7月に伝承館で事前講習などを受け、8月から同館を訪れた観光客や他県の中学生、高校生などに語り部活動を行ってきた。

「震災を知らない子どもたちもいる。あの時の状況、心情に加えて、過去からの教訓や新たな防災対策、繋がりなど、高校生の視点で語れたら」という生徒たちは、語り部としての知識を深め、技量を高める学習も怠らない。

昨年12月には、岩手県釜石市鵜住居の震災伝承施設「いのちをつなぐ未来館」を訪問。同館の語り部ガイドの指導を受けた。ガイドの方は中学生の時に震災に遭い、津波から逃れた経験があり、その体験を踏まえながら解説。「語り部は防災を伝える手段のひとつ。聞いた人たちが防災を実践してくれるのがいちばん」「わかりやすい伝え方を工夫していってほしい」など、語り部の先輩の言葉を、生徒たちはメモを取るなどして知識を深めた。

続いて、釜石市内の犠牲者の名前と防災市民憲章の「備える、逃げる、戻らない、語り継ぐ」の言葉が刻まれた「祈りのパーク」を見学。「他地域の状況を知ることも大切」という生徒たちは、「語り部活動で使える表現方法や身振り手振りで人に伝える方法などを学ぶことができた。今後の活動に反映させたい」「風化させないために、語り部を続けたい」と力を込めた。
(2021年2月掲載)

青森県 八戸商業高校 5人の3年生

この学校を詳しく知ろう

青森県 八戸商業高校 5人の3年生1
青森県立八戸商業高校の5人の3年生が、同県の課題である「短命県」返上をテーマに、塩分控えめ、県産食材にこだわった「まっ黒弁当」を考案。昨年12月、北東北のスーパーチェーン11店舗で2300食限定で販売された。

課題研究の一環で、5人は昨年5月から開発に着手。さらにスーパーに商品化を依頼するとともに、店舗で買物客にアンケートを行うなどしてメニューを決めた。ヒジキを炊き込んだご飯、イカスミペーストを使った鶏唐揚げや黒ごま入り卵焼き、八戸前沖さば照り焼き、ゴボウや昆布などの煮物、イカスミを入れた「いかすみポテト」の6種類で、県産の食材をふんだんに使い、試作を重ねて完成させた。

当初は彩り豊かな弁当も考えたそうだが、インパクトにこだわって黒一色にしたという生徒たちは「商品化できてうれしい」「だしを使って塩分を控えめにした」と話す。

青森県では、脱短命県を目指す取り組みを進めており、同校の生徒たちも地域住民の健康に役立つ食品開発に挑戦。これまで地元産野菜や果物を使った「ヘルシー寒天スムージー・フルーツミックス!」や「スマイル“フード”プロジェクト in東北2018」で準優勝した「~八戸の魅力食べてけろ~海藻ごっつりワンタンスープ」などを開発している。

5人の3年生は「まっ黒弁当が、健康意識を高めるきっかけになれば」と願っていた。
(2021年2月掲載)
青森県 八戸商業高校 5人の3年生2
ページの先頭へ

福岡県 福岡農業高校 食品科学科梅研究班のみなさん

この学校を詳しく知ろう

福岡県 福岡農業高校 食品科学科梅研究班のみなさん1
福岡県立福岡農業高校の食品科学科梅研究班の生徒たちは、地元特産の太宰府の梅を活かした商品を、行政や企業と連携することで次々と開発。地域のブランド化を強化する取り組みは、高い評価を得ている。

同班が商品開発を推進し始めたのは2009年から。2013年からは日本有数の菓子メーカーとタイアップし、梅レモン味や梅キムチ味などのポテトチップスを商品化。2020年度も企業と梅ギョーザや梅あんまんじゅうなどを共同開発してきた中で、福岡市の洋菓子店とコラボした梅チョコは、生徒たちにとって「太宰府の梅」を世界へ発信する商品となった。

生徒たちが太宰府市内の梅園で収穫し、加工したシロップとジャムの品質の良さに洋菓子店が惚れ込み、共同開発を持ちかけた。

9人の3年生を中心に、こんな味、形がいいのではと20を越えるアイデアを出し、店が試作し、改良を重ねる中で、生徒たちに朗報が。洋菓子店からフランス・パリ店での発売を提案されたのだ。「世界に愛される商品をと、開発への考え方、視点が変わった」という生徒たち。約半年かけて「梅の実入り」と「梅ジュレ入り」の2種類を完成させた。パッケージも生徒たちが考案。2021年2月から発売され、ホワイトチョコレートから溢れ出す梅ジュレやカリッとした梅の実の食感が好評という。

世界へと広がりを見せ始めた同班の開発商品。その売上の一部は、地域貢献策として梅園の維持、整備に役立てられている。昨年はコロナ禍の影響を受けた地元事業者を支援しようと、太宰府市に寄附された。
(2021年2月掲載)
福岡県 福岡農業高校 食品科学科梅研究班のみなさん2福岡県 福岡農業高校 食品科学科梅研究班のみなさん3福岡県 福岡農業高校 食品科学科梅研究班のみなさん4
ページの先頭へ

長野県 富士見高校 園芸科野菜・食品コースの3年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

長野県 富士見高校 園芸科野菜・食品コースの3年生のみなさん1
アフリカ・南スーダンの陸上選手が、2019年から群馬県前橋市で今夏開催予定の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、事前合宿を行っている。同国は、2011年に誕生した世界で最も新しい国。今も続く内戦などで練習環境が整備されず、食事もままならない選手たちの苦境を知った前橋市が、長期の受け入れを決定した。

昨年、コロナ禍のため大会が1年延期になったが、政情不安定な母国に戻れない選手たちを、「みんなで励ましたい」と長野県富士見高校の生徒が前橋市に声掛けし、県内外の農業系高校にも協力を呼びかけたところ、県内6校と岐阜県立岐阜農林高校が趣旨に賛同してくれた。

企画したのは園芸科野菜・食品コースの生徒たち。2019年のラグビーW杯では、事前合宿で菅平高原へ来たイタリアチームのホテルに、18年にグローバル・GAP(農業生産工程管理)の認証を取得した水耕トマト「フルティカ」を提供している。

今回の活動は、大会が延期になった中でも、母国の期待を背負って懸命に練習を重ねる南スーダンの選手たちのことを、同科の生徒が知ったのがきっかけ。前橋市の担当者にトマトの提供を申し出、昨年12月、10人の3年生が同市を訪問。選手たちに、自分たちで育てたトマト5キロとシクラメンの他、協力校の農産物やジャムなどの加工品を手渡した。トマトを食べた選手たちは「おいしい」と笑顔に。その後、一緒に練習するなど交流を楽しんだ生徒たちは「今後も応援していきたい。大会での活躍を期待している」と話していた。
(2021年2月掲載)
長野県 富士見高校 園芸科野菜・食品コースの3年生のみなさん2長野県 富士見高校 園芸科野菜・食品コースの3年生のみなさん3長野県 富士見高校 園芸科野菜・食品コースの3年生のみなさん4
ページの先頭へ

埼玉県 皆野高校 1・3年生 生徒会のみなさん

この学校を詳しく知ろう

埼玉県 皆野高校 1・3年生 生徒会のみなさん1
埼玉県立皆野高校では、教育目標の一つに「家庭・地域との連携」を掲げ、生徒を主体とする地域活動のボランティアなど、様々な活動を推進している。その一例が、例年12月に実施しているミニ門松作りだ。

埼玉県道路公社による地域連携事業で、8回目となる昨年も、1年生と3年生が秩父やまなみ街道(国道140号皆野寄居有料道路)のスタッフの指導のもと、作業に取り組んだ。

同公社管理用地の間伐材を材料に、3年生が竹を3本に切って洗浄するなどの準備を進め、1年生が3本の竹を土台に固定した後、縄でしばって組み上げ、100個を製作した。

12月28日、生徒会など7人の生徒が秩父やまなみ街道の有料道路料金所内の休憩所に集合。新型コロナウイルス感染防止に配慮しながら、休憩所を訪れた運転手たちに「良きお年をお迎えください」「新しい年も安全に」などと声掛けしてミニ門松を手渡すと、運転手も「ありがとう」と感謝しながら受け取っていた。

配布活動に参加した生徒は、「良き新年を迎えるために、みんなで一生懸命作ったミニ角松を、今回も多くの運転手に受け取ってもらえて嬉しかった」と笑顔で話していた。
(2021年1月掲載)
埼玉県 皆野高校 1・3年生 生徒会のみなさん2埼玉県 皆野高校 1・3年生 生徒会のみなさん3
ページの先頭へ

埼玉県 浦和第一女子高校 美術部のみなさん

この学校を詳しく知ろう

埼玉県 浦和第一女子高校 美術部のみなさん1
創立以来120年の歴史を誇る埼玉県立浦和第一女子高等学校。生徒による地域交流、貢献活動を伝統としており、昨年12月には、美術部が浦和警察署の依頼で、特殊詐欺被害抑止の年賀状スタンプ「調神社御朱印風振り込め詐欺防止年賀状スタンプ」を作成、浦和署から警察活動への協力に対し感謝状が贈られた。

スタンプ作成は2019年に続き2回目で、今回も部員全員で図案を描き、浦和署がそのうちから1点を選んだ。

案が選ばれた生徒は、同校の地元で「つきのみやさま」の愛称で親しまれている調(つき)神社の守り神ウサギをモチーフに「2021年の干支、牛とウサギが仲良く寄り添うかわいらしいデザインを目指した」という。また、「このスタンプが振り込め詐欺防止に役立ち、被害が減ってくれたら」と願い、牛の鳴き声にかけた『モウダマサレナイ フリコメサギ』のコピーで強調したという。

感謝状授与式で、浦和署も「『もうだまされない』という気持ちで、このスタンプを活用してほしい」と話す。

なお、スタンプは浦和署と調神社に設置され、多くの市民が利用していた。
(2021年1月掲載)
埼玉県 浦和第一女子高校 美術部のみなさん2埼玉県 浦和第一女子高校 美術部のみなさん3
ページの先頭へ

岩手県 久慈東高校 2年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

岩手県 久慈東高校 2年生のみなさん1
岩手県久慈市の県立久慈東高校の3人の2年生が、市民などから食料品の寄付を募る「フードバンクポスト」の設置を、岩手県内で多くのスーパーマーケットを展開する会社に提案。快諾を得て昨年11月、久慈市内2店舗に設置した。

生徒たちは、「総合的な探究の時間」で国連の持続可能な開発目標(SDGs)について学習したのをきっかけに、「食品ロス」や「貧困問題」を調査。その過程で、生産者や市民から提供された食料を、生活困窮者や児童・福祉施設などに無償提供する「フードバンク」を展開する盛岡市のNPO法人を知り、8月に訪問。同法人で支援品の仕分け作業などのボランティア研修を受けた。

3人は「県内でも食料に困っている人がいることに驚いた」「現状を変えたい!」との思いから、久慈市内のスーパーなどに働きかけ、今回の成果に結びついた。

「当社初の設置。高校生の発案の実現に協力できてよかった」と話す店長は、他店舗でも食料支援活動の取り組みを進めていく予定といい、「心豊かな社会になるよう末長く協力したい」と話す。

またNPO法人の職員は「体験で学んだことを、実際の活動にまで発展してくれた。大変嬉しく思っている」と生徒たちの行動力に感謝していた。

3人は「私たちの行動をきっかけに、食料支援活動の輪がより広く活発になり、社会問題解決に向けて多くの人の協力をお願いしたい」と力を込める。
(2021年1月掲載)
岩手県 久慈東高校 2年生のみなさん2
ページの先頭へ

長野県 長野工業高校 機械科のみなさん

この学校を詳しく知ろう

長野県 長野工業高校 機械科のみなさん1
長野県長野工業高校では、機械科3年生が主体となり進めている「長光プロジェクト」。学んだ知識や技術を地域のために生かし、「地域に光を当てよう」との趣旨で名づけられた同プロジェクトは、福祉施設や小学校などにLEDソーラーライトを設置したり、使われなくなった器具等のリユース推進など、地域に貢献する活動を数多く実施してきた。

2020年12月には、長野市中条のなかじょう保育園に手作りの絵看板を贈呈した。

クリスマスの二日前、生徒たちはサンタの扮装で同園を訪問。看板の絵は中条地区に伝わる「やまんば伝説」をモチーフにしたもの。同地区のやまんばは、子どもをかわいがり、成長を見守る優しい神様といわれ、保育園にはぴったりのキャラクター。

また看板には、暗くなるとLEDライトで「なかじょう」の文字が灯る仕組みも施しており、生徒たちは「保護者と園児に帰り道を明るく照らし、安心、安全な道になってくれるかなと思う」と話す。

園児たちは「かわいい」「きれい」と大喜びで、お礼に歌をプレゼントするなど、交流を深めた。

生徒たちは「子どもたちの笑顔が見られて良かった。末永く使ってもらいたい」と話し、機械科の伝統として「地域に光を当てる」活動を続けてほしいと願っていた。
(2021年1月掲載)
長野県 長野工業高校 機械科のみなさん2長野県 長野工業高校 機械科のみなさん3
ページの先頭へ

北海道 旭川工業高校 有志生徒のみなさん

この学校を詳しく知ろう

北海道 旭川工業高校 有志生徒のみなさん1
北海道旭川工業高校は、平和学習に力を入れていることで知られる。生徒も平和を希求する様々な活動を行っている。

今年は、8月6日の原爆の日に向けて、7月末、校舎の2階から4階までの窓に原爆ドームのモザイク画を制作。縦約9メートル、横約8メートルの巨大作品で8月10日まで展示された。

10月には、約40人の生徒が、昨年10月に焼失した沖縄県那覇市の首里城正殿の復興を応援するモザイク画を描いた。

「平和を願うプロジェクト」として2年生有志が企画し、「沖縄に寄り添う」をテーマにした沖縄戦関連の写真展に合わせて制作したもので、縦93センチ、横187センチの力作。生徒たちは、細かいマス目にフェルトペンで指定の色をていねいに塗り上げ、完成させた。また、4人の生徒がシーサーの貼り絵を作った他、書道部も「僕らは一人じゃないから」と平和への思いを書き添えた。展示会は、新型コロナの感染リスクを避けるため、学校玄関先で行われた。

この活動を知った札幌市のさっぽろ地下街オーロラタウン内にある沖縄物産店から、店で展示したいと同校に依頼があり、快諾。11月9日から12月末まで店前のショーウインドーに展示される。

買い物客など多くの市民が、生徒たちが描いた首里城正殿のモザイク画に見入り、平和を願う沖縄県民の心の拠り所である首里城の1日も早い復興を願っていた。

生徒たちは「私たちの取り組みが多くの人に知ってもらえてうれしい。沖縄に関心を持ってほしい」「北海道も沖縄も広島もどこの地域とも平和につながれば」と話していた。
(2020年12月掲載)
北海道 旭川工業高校 有志生徒のみなさん2北海道 旭川工業高校 有志生徒のみなさん3北海道 旭川工業高校 有志生徒のみなさん4
ページの先頭へ

滋賀県 彦根東高校 新聞部のみなさん

この学校を詳しく知ろう

滋賀県 彦根東高校 新聞部のみなさん1
創部約70年の歴史を有する滋賀県立彦根東高校の新聞部。東日本大震災からの6年間を追い続けた連載企画「福島をつなぐ」など、優れた紙面づくりで全国高校新聞コンクール文部科学大臣賞や全国高校新聞年間紙面審査賞最優秀賞13年連続受賞など、高い評価を受けている。

同部では毎年10月号を特大号として発行しており、今年選んだテーマは、新型コロナウイルス。今回は、医療現場で働く医師や看護師の生の声を取り上げようと、8月、コロナ患者の対応にあたる地元病院の医師4人を取材した。

医師たちから、感染の脅威にさらされ「神経がすり減る」など、過酷な医療現場の様子を聞いた部員たちは、「医療従事者でも、怖いものは怖いと。そこに衝撃を受けた」と真剣な表情。そこでコロナ禍の最前線で日々闘う医療従事者に、高校生の自分たちに出来ることはないか、と考え、今回の取材のお礼の気持ちも込め、応援メッセージを送ることに決めた。

部員たちは、生徒に声をかけて回り、30を超える部活から医師たちへのメッセージを集めた。

9月、部員たちは再び病院を訪れ、「彦根東高校の応援の声を集めました。ぜひご覧ください」と、生徒たちの感謝や応援の気持ちが詰まったアルバムを、医師たちに手渡した。

アルバムを見た医師は「励ましの言葉をいただき、本当にありがたい。モチベーションを高めるものになると思う」と感謝していた。

部員たちは「コロナが過去の出来事になる日が来るかも知れない。新聞を通じて、未来に残す役割を果たしていきたい」と話していた。
(2020年12月掲載)
滋賀県 彦根東高校 新聞部のみなさん2
ページの先頭へ

栃木県 今市高校 1年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

栃木県 今市高校 1年生のみなさん1
今年9月、栃木県立今市高校の1年生約200人が、「産業社会と人間」の授業の一環として「二宮堀クリーン大作戦」を実施した。同校の周囲を流れる農業用水路「二宮堀」の川底のごみをさらう清掃活動で、今年で11回目となる。

生徒たちは、事前学習で堀の歴史や役割を学び、当日を迎えた。

当日はクラスごとに作成したTシャツを着て、ゴミをさらう、運搬する、分別するなど、それぞれの役割を果たした。

約1時間の活動の後、ゴミ類を見た生徒たちは満足そう。地域に根差した活動であり、地域理解につながる活動でもあるので、今後も継続していきたいと話していた。
(2020年12月掲載)
栃木県 今市高校 1年生のみなさん2栃木県 今市高校 1年生のみなさん3栃木県 今市高校 1年生のみなさん4
ページの先頭へ

宮城県 古川黎明高校 自然科学部のみなさん

この学校を詳しく知ろう

宮城県 古川黎明高校 自然科学部のみなさん1
12月6日未明、約6年ぶりに地球に帰還した探査機「はやぶさ2」から分離されたカプセルが、オーストラリア南部の砂漠に着陸し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が回収した。小惑星「リュウグウ」の地下物質を含む岩石試料を持ち帰った可能性が高く、生命の起源に関わる新たな発見が期待されている。

このカプセル帰還に、宮城県古川黎明高校自然科学部天文班の生徒が協力した。

同班は、昨年JAXAの「HAYABUSA2サンプルリターンカプセル観測研究テーマ提案募集」に、「HAYABUSA2地球帰還カプセル大気突入の分光観測」をテーマに応募。高校生チームとして唯一採用された。

同班は、流星を撮影して、光に含まれる色を分析することで、発光の元となる原子の種類を調べる「流星の分光観測」の研究に取り組む。今回のプロジェクトではこの手法を生かし、自作の撮影機材でカプセルが秒速12kmで大気圏に突入する際の発光を観測する。

12月1日、コロナ禍のため現地観測を断念した同班に、JAXAから緊急連絡が入った。観測地点が当初の計画から変更になり、カプセルを確実に撮影するため、軌道の再計算を求められたのだ。班員と顧問の教諭が1時間かけて計算し、無事決めることができた。

班員たちは「これをもとに、JAXAに貸し出した機材で撮影してもらい、結果を待ちたい」と話す。

そして翌日、JAXAから無事撮影に成功したとのメールが届き、班員たちは「やった」と喜びの声を上げていた。

なお、今回のデータは同校にも提供され、今後の研究に生かされることになっている。
(2020年12月掲載)
宮城県 古川黎明高校 自然科学部のみなさん2
ページの先頭へ

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾