検索する
  • 受験生の皆様へ
  • 大学生・社会人の皆様へ
  • 留学生の皆様へ
とうきょうふくしだいがくだいがくいん

東京福祉大学大学院

(大学院・大学院大学/群馬県・東京都・愛知県)

資料請求

メイン写真

福祉・心理・教育の実践的な研究者を育成

東京福祉大学大学院の3つの特長

3つの特長1

高度な知識と実践力を修得する場を広く提供

3つの特長2

実践に役立てることのできる研究をベースに

3つの特長3

臨床心理士1種指定大学院。専修免許取得可

年々、高度化・複雑化する現代社会において、社会福祉・臨床心理・保育・子育て支援の現場でも、高度な知識と技術を持った専門家が求められています。そのニーズに応えるために、同大学院では修士課程に通信教育課程を設置。意欲あるすべての人々に教育・研究の場を提供しています。

東京福祉大学大学院のとっておきニュース

アクセス抜群の池袋キャンパスと、充実した研究環境

とっておきニュース

東京メトロ有楽町線「東池袋」駅正面右手、またJR、私鉄のターミナル駅で都内、近郊県からのアクセスもよい「池袋」駅から徒歩10分、サンシャインシティ徒歩1分という好立地にある池袋キャンパス(本館)と、広々とした伊勢崎キャンパス、名古屋中心部に位置し、栄エリアからもほど近い名古屋キャンパスを設置しています。
池袋キャンパスでは、社会福祉学専攻博士課程前期(修士課程)・児童学専攻修士課程の授業を平日夜間・土曜日に開講。社会人の方が働きながら学びやすい環境を整えています。また、ネットで文献検索ができる附属図書館があるなど研究環境面も充実しています。

東京福祉大学大学院の 研究科・専攻

現代の現実的課題の解決を目的に、社会の発展に貢献しています。

教育学専攻 修士課程(2年)
社会福祉学専攻 博士課程前期(修士)(2年)
社会福祉学専攻 博士課程後期(博士)(3年)
臨床心理学専攻 博士課程前期(修士)(2年)
臨床心理学専攻 博士課程後期(博士)(3年)
児童学専攻 修士課程(2年)
社会福祉学専攻 博士課程前期(修士)【通信教育】(2年)
臨床心理学専攻 博士課程前期(修士)【通信教育】[(2年)※通信教育で臨床心理士受験資格を取得する場合、3年間の履修が必要]
児童学専攻 修士課程【通信教育】(2年)

上記は、2016年4月入学者対象のものです。

東京福祉大学大学院の就職

東京福祉大学は、朝日新聞出版『AERA進学MOOK 本気で探す 就職力で選ぶ大学2016』において、就職率文系のみの大学日本一に選ばれました。

東京福祉大学大学院の資格

■取得資格
・教育学専攻修士課程
小学校教諭専修免許状※、養護教諭専修免許状※
・臨床心理学専攻博士課程前期(修士)
臨床心理士受験資格
・社会福祉学専攻博士課程前期(修士)
高等学校教諭専修免許状(福祉)※
・児童学専攻修士課程
幼稚園教諭専修免許状※

※各一種免許取得者のみ

東京福祉大学大学院の学ぶこと

●教育学研究科 教育学専攻
今日起きているさまざまな教育現場の臨床教育現象の情報を収集し、実態を把握の上分析し、その問題を解決できる高度かつ専門的な教育研究能力と問題解決能力を備えた教育現場の中核教員、あるいは教育研究機関の教育研究者等、わが国の教育分野の中核として活躍できる人材育成をめざしています。カリキュラムは、学校や家庭、地域が抱えるさまざまな課題に対処するため、教育学分野、養護教育・特別支援分野、心理臨床学分野、教育情報分野、英語・異文化教育分野から構成されており、教育の専門家として、人間性豊かで、包容力、思考力、実践力を備えた人材を育成します。

●心理学研究科 臨床心理学専攻
(公財)日本臨床心理士資格認定協会1種指定大学院。博士課程前期(修士)では、「こころ」の「やまい」や不適応症状の早期発見、早期治療、予防や教育的カウンセリングに精通し、こころの問題や葛藤に苦しむ人々へ福祉の心を持って適切に対応できる人材を養成しています。カリキュラムには、臨床心理の理論概念を治療とアセスメントの両面から整理する「臨床心理学特論」や「心理療法特論」などが配置され、幅広い科目を履修することで、専門性を高められるように構成されています。また、同学附属臨床心理相談室をはじめ、病院・施設あるいは教育現場など、学外実習施設で継続して実習を行い、臨床心理のさまざまな場面についてスーパービジョン(指導・助言)を受ける中で、実践的な臨床心理学を深く学べるのも特徴です。博士課程後期(博士)では、臨床心理学の分野における研究と教育をさらに進め、臨床心理学に関わる高度専門職業人、カウンセラーの指導者並びに研究者を養成します。

●社会福祉学研究科 社会福祉学専攻
社会福祉学専攻博士課程前期(修士)では、世界的レベルで重要性が増している、EBP(科学的証拠に基づく実践)を基本的原理として研究指導を展開。卒業後、実践的研究者として、現場や行政レベルの現実的な課題を解決できる、実力を持った人材の育成を目標に授業が行われています。同課程のカリキュラムは、国際的な組織であるIFSW(国際ソーシャルワーカー連盟)とIASSW(国際社会福祉学校連盟)が公式に採択した、世界共通の社会福祉専門職の定義が採用されています。多彩にそろった実践的な各科目を研究することで、国際的な場において活躍する道も拓けます。博士課程後期(博士)では、前期(修士)までの教育・研究を基盤とし、さらに深く、より高度な研究方法を修得し、新しい研究方法の開発と新しい社会福祉実践の理論と方法の構築に貢献できる研究者等の養成をめざします。

●社会福祉学研究科 児童学専攻
児童学専攻では、少子化が急激に進む社会状況の中、子どもを取り巻く環境の変化に対応するため、専門的かつ多角的な見地から子育て支援などの問題を分析。その分析に基づき、現代社会に即した実際的な問題解決ができる、専門家・研究者を養成しています。保育・児童学分野、保健・医療児童学分野、特別ニーズ児童学分野の3つの研究分野を設定し、児童学、保育・子育て支援の研究領域を中心に、保健・環境・心理・発達・児童福祉などさまざまな児童関係諸科学についても、深く探求することができます。

東京福祉大学大学院の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●伊勢崎キャンパス

〒372-0831 群馬県伊勢崎市山王町2020-1  入学課

TEL.0270-20-3673  FAX.0270-20-3693 

ホームページ http://www.tokyo-fukushi.ac.jp/
ページの先頭へ

東京福祉大学大学院の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料ともに無料

-

●入学案内
※資料・送料ともに無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで東京福祉大学大学院の情報をチェック!