善きことをした小学生・中学生達

世のため、人のために立派な行いをしている小学生・中学生達を紹介します。
子供達の活躍を、ぜひご覧ください。

最新のニュース
 

循環型エコ活動 使い捨てカイロを再利用 水路浄化や花栽培

 

佐賀県 佐賀市立鍋島中学校 45人の有志生徒のみなさん

new
 

安心安全心掛け 園児守って、避難訓練

 

茨城県 古河市立総和南中学校 全生徒のみなさん

new
 

津波被害者ゼロ 語り継ぐ「安政印南の奇跡」国際会議で発表

 

和歌山県 印南町立印南(いなみ)中学校 3年生津波研究班のみなさん

new
 

毎年夏休みの伝統 安曇野ちひろ美術館でボランティア

 

長野県 松川村立松川中学校 生徒のみなさん

佐賀県 佐賀市立鍋島中学校 45人の有志生徒のみなさん

この学校を詳しく知ろう

佐賀県 佐賀市立鍋島中学校 45人の有志生徒のみなさん1
佐賀市立鍋島中学校の有志生徒が、今年9月「開発的生徒指導」の一環として循環型環境プロジェクトを始動させた。

「開発的生徒指導」とは、「出番・役割・承認」をキーワードに、プロジェクトや活動などに生徒たちの出番を設け、そのやり方を生徒が考え、実行し、成果をあげるまでの過程や努力をきちんと評価・承認する指導方法のこと。

今回の循環型環境プロジェクトは、前年度からの取り組みで、使い捨てカイロをペットボトルに詰め替えてろ過装置を作り、学校脇の用水路に沈めて水を浄化するもの。カイロは水に入れると鉄イオンを発生し、ヘドロ除去が期待できるという。

始動当日は生徒会や環境委員など45人の生徒が参加。胴長を身に着けて用水路に入り、ごみや水草を取り除き、使い捨てカイロ60個を使ったろ過装置を設置した。今後、1~2ヶ月ごとに取り替えながら効果を測定し、次年度につながるデータを収集していく。さらに使用したカイロの中身は、校内清掃で集めた落ち葉を加えて腐葉土が作れるか試すという。

また、前年度使用したカイロの中身と土を混ぜて栽培土にし、育てた花をフリー参観日に地域の人々に贈り、活動を知ってもらうことで使用済みのカイロの提供を呼び掛ける。

中心となった生徒は、この循環型エコ活動を地域に広め、地域と共に取り組むためにも、参加生徒を集め、活動の継続を目指したいと意欲を見せていた。
(2019年10月掲載)
佐賀県 佐賀市立鍋島中学校 45人の有志生徒のみなさん2佐賀県 佐賀市立鍋島中学校 45人の有志生徒のみなさん3佐賀県 佐賀市立鍋島中学校 45人の有志生徒のみなさん4
ページの先頭へ

茨城県 古河市立総和南中学校 全生徒のみなさん

この学校を詳しく知ろう

茨城県 古河市立総和南中学校 全生徒のみなさん1
古河市立総和南中学校の生徒たちは、創設約40年の伝統として、地域との交流を大切にしてきた。今年9月、古河市消防団、古河警察署駒羽根交番、同校管内の行政区長の協力を得て行った地域防災訓練には全生徒が参加。今回は短時間に2回大地震が発生し、校内から火災が起きたとの想定で実施した。同校は地域の避難所に設定されており、生徒たちは万が一の時に手助けできるよう真剣に行動。地震時、机の下に隠れて安全を確かめ、教員の指示で校庭に避難する災害時の手順を一つひとつ確認すると共に、地域の人々と支え助け合い、互いの命を守る大切さを実践的に体験した。

また、昨年に続いて西隣のこばと保育園との合同避難訓練を実施。3年生50人が消防団員と保育園まで出向き、50人の園児に「大丈夫だよ」などと優しく声かけしながら、背負ったり手を引いたりして、安心安全を心掛けながら校庭まで誘導した。

園児たちは中学生に守られて安心した様子。生徒も「実際に災害が起きても、迎えに行って安心させてあげたい」と力強く話していた。

同校は今年度の教育重点目標に『自分で考え判断できる力を身につける─生きる力を培う人間関係能力を育成する─』を掲げており、園児との合同避難訓練は、生徒たちにとって身を持って学ぶ貴重な時間となったようだ。
(2019年10月掲載)
茨城県 古河市立総和南中学校 全生徒のみなさん2茨城県 古河市立総和南中学校 全生徒のみなさん3
ページの先頭へ

和歌山県 印南町立印南(いなみ)中学校 3年生津波研究班のみなさん

この学校を詳しく知ろう

和歌山県 印南町立印南(いなみ)中学校 3年生津波研究班のみなさん1
印南町立印南中学校の総合的な学習「津波研究班」の3年生が、今年9月、「国際博物館会議(ICOM)京都大会」の一環で、和歌山県立博物館で開催されたオフサイトミーティング「教育・文化活動国際委員会」に参加。約90人の委員の前で「印南中学校の防災学習-『災害の記憶』を地域の人々と共有することをめざした活動」と題する研究発表を行った。

同校では2005年度から3年生を中心に津波研究をスタート。印南湾での津波の動きに関する研究を進め、印南湾に侵入する津波シミュレーション浸水分布図を和歌山工業高等専門学校の専門家の指導のもとに作成し、そのリーフレットを校区全戸に配布した。加えて印南を襲った宝永南海地震(1707年)、安政南海地震(1854年)の津波災害記録を和歌山県立博物館の協力を得て解読し、地域に告知してきた。

今回の発表では、176人の犠牲者を出した宝永地震大津波の教訓を伝承し、147年後の安政地震大津波では一人の犠牲者も出さなかった快挙を、生徒たちは「印南の奇跡」と自負しながらも、昭和南海地震(1946年)で16人が亡くなったのは「安政の快挙が住民を油断させたのかも知れない」という。そこで生徒たちは過去の教訓を地域の人たちと共有、伝承していくことが大切とし、防災紙芝居「安政印南の奇跡」を創作し、小学校で上演する他、地元に残る災害記録文を現代語訳し、それを生かした啓発活動を継続することで「将来起こるとされる南海トラフ地震でも犠牲者ゼロを達成したい」と話し、発表を締めくくった。
(2019年10月掲載)
和歌山県 印南町立印南(いなみ)中学校 3年生津波研究班のみなさん2和歌山県 印南町立印南(いなみ)中学校 3年生津波研究班のみなさん3
ページの先頭へ

長野県 松川村立松川中学校 生徒のみなさん

この学校を詳しく知ろう

長野県 松川村立松川中学校 生徒のみなさん1
長野県安曇野の松川村立松川中学校は、「誠実」を教育目標とし、地域や人々への感謝の気持ちと自身の生き方に誇りを持つ生徒の育成を目指し、学校をあげてボランティア活動に取り組んでいる。

毎年夏休みには、村内の安曇野ちひろ美術館で、県内外から訪れる来館者の館内ガイドツアーのサポートなどの《ちひろボランティア》を実施している。

18年続く生徒の自主的活動で、今年は8月1日から16日まで約170人が参加。

8日の「ちひろ忌」では、世界中の子どもたちの幸せと平和を願い続けた絵本作家いわさきちひろを偲び、広島で被爆した子どもたちがつづった詩や作文に、ちひろが絵を描いた作品『わたしがちいさかったとき』にの朗読会では、同校生徒が朗読を行い、来館者も感動した様子で聴き入っていた。

また、ちひろの水彩技法、にじみ絵で缶バッジを作る夏休み恒例のワークショップでは、生徒たちが参加した子どもたちにわかりやすい言葉で、にじみの作り方を解説。子どもたちの進み具合を見ながらこまめに声かけするなど、そのていねいな指導も好評で、完成したバッジを胸につけた子どもは、「うれしい」と喜んでいた。

隣接する安曇野ちひろ公園の約1万株の大花壇への定植なども行う《ちひろボランティア》。美術館の職員は、地域に親しまれる美術館づくりに「中学生の力は欠かせない存在」と話し、今後も続けてほしいと願っていた。
(2019年9月掲載)
長野県 松川村立松川中学校 生徒のみなさん2長野県 松川村立松川中学校 生徒のみなさん3長野県 松川村立松川中学校 生徒のみなさん4
ページの先頭へ

あなたのまわりの素晴らしき小学生・中学生/善きことをした小学生・中学生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、小学校名・中学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾