検索する

善きことをした小学生・中学生達

世のため、人のために立派な行いをしている小学生・中学生達を紹介します。
子供達の活躍を、ぜひご覧ください。

最新のニュース
 

後輩たちのために 校庭に新しい複合遊具を整備・設営

 

北海道 安平町立早来小学校 6年生のみなさん

new
 

手作りの地域安全マップ 地元の市の支所に掲示

 

京都府 福知山市立細見小学校 4年生のみなさん

new
 

仮設での「ふるさと学習」の成果発表 村の未来作りを提言

 

福島県 飯舘村立飯舘中学校 全校生徒のみなさん

new

北海道 安平町立早来小学校 6年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

北海道 安平町立早来小学校 6年生のみなさん1
北海道安平町の町立早来小学校の6年生が、自分たちの卒業後、新入生や下級生のために複合遊具の制作に取り組んでいる。

きっかけは、同町にある幼保連携型子ども園が進める園庭環境整備プロジェクトへの参加だった。2016年には当時の6年生を中心に、子ども園が飼育する馬の小屋の塗装などを行った。

そして今年、児童たちは自分たちも参画するプロジェクトを、より充実させるためにも「園児のことをもっと知ろう」と、子ども園を訪問。園児たちとの交流を通して、園庭整備のあり方などを深く考えたという6年生。その調査の過程で、自分たちの学校の校庭はどうだろうと改めて見直し、今後入学してくる後輩たちが楽しく遊べる複合遊具を作ることを決めた。

子どもたちは、校庭にあるのぼり棒の上部に木のデッキを乗せ、別に同じ高さの木の台を作って橋で結び、滑り台も設置。さらに校庭の緩やかな斜面の緑地帯部分を使った長さ約25メートルのターザンロープの制作を企画。自分たちだけでは作れないため、子ども園のスタッフや町の建設会社、塗装店などに協力を依頼し、快諾を得た。11月初めからは新しい複合遊具作りをスタート。子どもたちはプロの作業員のアドバイスを受けて設計図を修正するなど、みんなで知恵を出し合いながら学校が楽しくなる遊具作りを目指した。

後輩たちも、次第に出来上がってくる遊具に期待を込めて、6年生の作業を見つめていた。
(2018年1月掲載)
北海道 安平町立早来小学校 6年生のみなさん2北海道 安平町立早来小学校 6年生のみなさん3北海道 安平町立早来小学校 6年生のみなさん4
ページの先頭へ

京都府 福知山市立細見小学校 4年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

京都府 福知山市立細見小学校 4年生のみなさん1
福知山市立細見小学校の16人の4年生が、社会科の授業の一環で、地域の安全マップを制作した。今年10月に子どもたちが企画。学校近くの三和駐在所の警察官の指導のもと、安全マップづくりのDVDを見るなどして、地図の作り方を学んだ。

4年生16人は班ごとに分かれて校区内を調査。子どもたちがヒヤリとした箇所など、危険と感じた場所を地図に書き込んだ。また、警察官のアドバイスで、人がたくさん集まる施設や子ども110番の家など、安全な場所も合わせて掲載。校内に張り出し、児童みんなが危険な箇所を知り、危険を避ける行動をとることの大切さを確認した。

また、協力した警察官が、子どもたちが一生懸命作った安全マップを、地域の人にも見てもらい、安全意識を高めてもらおうと、校外にも掲示することを提案。福知山市の三和支所に依頼したところ、快諾を得た。

11月27日、4年生と警察官が三和支所を訪問。子どもたちから手作りの安全マップを受け取った支所長は、子どもたちに感謝し、「地域の多くの人々にこの地図を見ていただき、危ない場所ではこれまで以上に気をつけ、安全な場所はさらに安全になるようにしていきたい」と気を引き締めていた。

児童たちは「三和の人に、地域の安全な箇所と危険箇所を知ってもらうことで、防犯などに役立てばうれしい」と期待していた。
(2017年12月掲載)
京都府 福知山市立細見小学校 4年生のみなさん2京都府 福知山市立細見小学校 4年生のみなさん3
ページの先頭へ

福島県 飯舘村立飯舘中学校 全校生徒のみなさん

この学校を詳しく知ろう

福島県 飯舘村立飯舘中学校 全校生徒のみなさん1
東日本大震災による全村避難で、隣町の仮設校舎で授業を行ってきた飯舘村立飯舘中学校は、2012年から生徒たちが村のためにできることとして、「ふるさと学習」を展開してきた。

来春、同校が村内で小中一貫校として開校するのに伴い、仮設校舎が閉鎖されるため、今年11月、生徒たちは同校舎で積み重ねてきた「ふるさと学習」の成果をまとめ、発表会を開いた。

今年度は全校生徒が「ものづくり」「メディア」「ことば」の各班に分かれ、それぞれのテーマに沿った活動を展開。「ものづくり班」は、避難生活の不安が安らぐ場所と仮設校舎の100分の1の模型を製作。「後輩に仮設校舎の記憶を伝えたい」と新校舎に飾られる。さらに村民から要望があったベンチと花壇、村の観光地図、行事カレンダーを作った。

「メディア班」は4つのチームがアイデアを出し合い、村の美味しい物や名所を紹介するPR動画3本と15秒のCMを製作。CM作品は「ふるさとの元気応援CM大賞」に応募し、高い評価を得た。

「ことば班」は帰村している村民を取材。村の医療体制や生活環境などを聞いて課題を分析。生活支援、村民交流、地域発信など、村の未来につながる施策を提案した。指導した教師は「生徒は調査や取材を通して地域の価値を知ったのでは。今後は自分でまとめた課題に取り組んでほしい」と願う。生徒たちは「ふるさと学習」の集大成をまとめたのを機に、ふるさとの未来作りに意欲を高めていた。

(2017年12月掲載)
福島県 飯舘村立飯舘中学校 全校生徒のみなさん2福島県 飯舘村立飯舘中学校 全校生徒のみなさん3
ページの先頭へ

あなたのまわりの素晴らしき小学生・中学生/善きことをした小学生・中学生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、小学校名・中学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾