検索する

善きことをした小学生・中学生達

世のため、人のために立派な行いをしている小学生・中学生達を紹介します。
子供達の活躍を、ぜひご覧ください。

最新のニュース
 

故郷に伝わる妖怪紹介アプリ製作 観光振興に一役

 

徳島県 三好市立下名(しもみょう)小学校 児童のみなさん

new
 

食べて元気に ご当地グルメ「サバサンド」を開発

 

岩手県 久慈市立大川目中学校 3年生のみなさん

 

お年寄り感動 故郷の民話「孝行猿」 福祉施設で熱演

 

長野県 伊那市立長谷小学校 3年生のみなさん

徳島県 三好市立下名(しもみょう)小学校 児童のみなさん

この学校を詳しく知ろう

徳島県 三好市立下名(しもみょう)小学校 児童のみなさん1
徳島県三好市山城町は、大歩危・小歩危峡などの景勝地として、また数多くの妖怪伝説が残る妖怪の里として知られる。「児啼爺(こなきじじい)」の故郷であり、2008年には、水木しげる氏が初代会長を務めた世界妖怪協会から、日本で2番目の「怪遺産」に認定されている。

この山城町の大事な資産である「妖怪」を観光客に紹介しようと、三好市立下名小学校の3年生から6年生14人が、藤川谷沿いの妖怪街道で使える無料アプリを作った。

観光客に妖怪の里をスタンプラリー感覚で散策してもらい、観光振興にも役立てようと同校が企画。町民手作りの妖怪モニュメント付近でスマートフォンのカメラをかざすと、児童が描いた妖怪のイラストが浮かび上がり、さらに近づくと児童の声で妖怪が語りかけてくる。

2017年1月、児童たちはアプリの仕上がりを確認するため、タブレット端末やスマホを手に妖怪モニュメントを巡回。アプリを起動すると妖怪のイラスト共に声が聞こえると、子どもたちから大きな歓声が上がった。

2月から始まった「山城妖怪めぐりスタンプラリー」に参加した観光客からは、妖怪になりきった子どもたちのしゃべりで、ひとつひとつの妖怪の雰囲気が伝わってくると、好評だ。

児童たちは「一生懸命つくったので、うまくいってよかった」と喜ぶ。同小では、今後も学校と児童を中心に地域全体を元気にしていきたい、と話していた。
(2017年3月掲載)
徳島県 三好市立下名(しもみょう)小学校 児童のみなさん2
ページの先頭へ

岩手県 久慈市立大川目中学校 3年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

岩手県 久慈市立大川目中学校 3年生のみなさん1
岩手県の久慈市立大川目中学校3年生の生徒達19人は、1年生から取り組んできた久慈市の観光振興に関する「総合的な学習の時間」で、新たなご当地グルメ「サバサンド」を開発した。

生徒たちは「食べて市民も地域も元気になる商品開発を」と、久慈沖のサバをメインに、同市産のヤマブドウ、野田村の「のだ塩」など、地域の食材を使用した総菜パン「サバサンド」を考案。食材を研究し、プロに調理法を教わりながら試行錯誤したという生徒たちは「サバのジューシーさとあっさりしたヤマブドウのソースのバランスが絶妙」と満足そう。

そして12月に開催された「北三陸くじ冬の市」で1個500円、100個限定で販売したところ、来場者が列をなし、すぐに完売した。

冬の市で生徒たちは、地域への感謝の気持ちを込めて合唱や大中ソーランを披露するなど、イベントをおおいに盛り上げた。

来場者からは「サバサンドは食べごたえもありおいしい」「歌声や踊りで元気をもらった」と大好評。生徒たちは今後も地域のために自分たちでできる活動を行っていきたいと話している。なお、今回の売上金の全額は、2016年8月に同市を襲った台風10号復旧のため、久慈市に寄付された。

大川目中学校の生徒たちは、ボランティア団体「Dreamsブロッコリー」に参加し、一人暮らしのお年寄りに絵手紙を送るなど、ご当地グルメの開発や被災地ボランティアの他にも、地域を支える様々な活動を行っている。
(2017年2月掲載)
岩手県 久慈市立大川目中学校 3年生のみなさん2岩手県 久慈市立大川目中学校 3年生のみなさん3
ページの先頭へ

長野県 伊那市立長谷小学校 3年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

長野県 伊那市立長谷小学校 3年生のみなさん1
伊那市立長谷小学校では、毎年秋、地元の民話「孝行猿」をテーマにした全校集会が開かれ、3年生による「孝行猿」の劇が上演される。

民話「孝行猿」は、江戸時代、冬のある日、猟師の勘助は猟に出て猿を射止め、家のいろりの上に猿を吊るして眠ってしまう。夜中ふと目覚めた勘助は、三匹の子猿たちが代わる代わる親猿の傷口に手を当てている姿を目にする。親を思う子猿たちに心打たれた勘助は、親猿の墓を建て二度と猟をしないと誓う・・・という物語だ。

同校では毎年、3年生が総合的な学習の時間に親猿の墓や孝行猿資料館を見学、地元の人から話を聞くなどして学びを重ね、自分たちで脚色した台本で集会当日に上演する。今年度の3年生は、妻と死別した勘助に注目。お腹をすかせた幼子のために止むなく猿を撃った話にし、親を思う子、子を思う親の情愛を際立たせた。

昨年10月、地域の秋祭りで披露した際、その舞台に感動した伊那市の複合福祉施設の職員から上演を依頼された。11月、施設を訪問した児童たちはお年寄りたちの前で熱演。「お母ちゃ~ん、お母ちゃ~ん、目を覚ましてよ」と歌う子どもたちの演技に涙するお年寄りもいて、「素晴らしかった」と大きな拍手がおくられた。

児童たちは「おじいちゃんやおばあちゃんたちが喜んだり泣いたりしてくれたのがうれしい」と笑顔に。同校では、昔から大事にされてきたこの民話を、これからも大切に守り、伝え続けていくと話している。
(2017年1月掲載)
長野県 伊那市立長谷小学校 3年生のみなさん2長野県 伊那市立長谷小学校 3年生のみなさん3長野県 伊那市立長谷小学校 3年生のみなさん4
ページの先頭へ

あなたのまわりの素晴らしき小学生・中学生/善きことをした小学生・中学生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、小学校名・中学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾