検索する

善きことをした小学生・中学生達

世のため、人のために立派な行いをしている小学生・中学生達を紹介します。
子供達の活躍を、ぜひご覧ください。

最新のニュース
 

発展途上国に井戸建設を目標に 会社設立 育てた野菜や花を販売

 

沖縄県 石垣市立川原小学校 全児童(22人)のみなさん

new
 

絶滅危惧種のカワシンジュガイ 復活願い、大野川に移植

 

岩手県 洋野町立大野小学校 6年生のみなさん

new
 

今年もフキ収穫体験 収益で被災地復興を支援

 

岩手県 遠野市立遠野西中学校 3年生のみなさん

 

村鳥ブッポウソウの保護活動20年 今年も巣箱を制作

 

長野県 天龍村立天龍小学校 天龍みどりの少年団のみなさん

沖縄県 石垣市立川原小学校 全児童(22人)のみなさん

この学校を詳しく知ろう

沖縄県 石垣市立川原小学校 全児童(22人)のみなさん1
石垣市立川原小学校の児童は、仮想の会社を立ち上げ、学校の畑で自分たちが植えて育てた野菜や花の販売までを行う、実践的活動に取り組んでいる。2016年からスタートした「プロジェクトK」の一環で、児童が「社長、副社長」「営業」「デザイン」「会計」「アルバイト」の5課に分かれ、それぞれの業務を遂行する。

今年2月にはJAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場で、「川原マーケット」と銘打った店頭販売を行った。昨年秋から準備を進め、ミニトマトやジャガイモの他、ビオラなど5種類の花の苗約600鉢を店頭に並べたところ、約30分でビオラと野菜を完売した。

今年度最初の「川原マーケット」は同会場で7月に開催。児童たちは、手作りのレシートや、昨年度の反省点を生かして、花はポットの他に丸鉢やプランターを用意するなどの工夫も。さらに開店前には笑顔のあいさつと発声練習を行って販売に臨んだ。今回も開店と同時に多くの市民が来店し、ピーマンやゴーヤ、トレニア、マツバボタンが次々と売れていった。

購入した市民は「子どもたちの対応が気持ちよかった」「生産から販売まで、こういう体験学習は素晴らしい」「がんばる子どもたちを応援したい」と話す。

今回の売り上げは約2万7千円。児童たちは最終的な収益を発展途上国に井戸を作るために役立てることを目標にしており、今後もみんなで力を合わせて川原マーケットを継続していく考えだ。
(2017年8月掲載)
沖縄県 石垣市立川原小学校 全児童(22人)のみなさん2
ページの先頭へ

岩手県 洋野町立大野小学校 6年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

岩手県 洋野町立大野小学校 6年生のみなさん1
洋野町立大野小学校の6年生23人は、今年6月、「大野の自然を守る会」と協力し、絶滅危惧種のカワシンジュガイを有家(うげ)川で採取し、大野川に移植した。

カワシンジュガイは、水質基準のバロメーターとも言われ、良質な水質の川にのみに生息する二枚貝。成長が遅いことで知られるが寿命は長く、個体によっては100年以上生きることもあると言われている。

大野川もかつては多数のカワシンジュガイが生息していたが、河川改修工事や家庭排水による水質汚染で40年ほど前から見られなくなったという。

6年生は、2年前の4年生の時、総合的な学習の時間「大野川探検隊」の一環で、今も多くのカワシンジュガイが生息する有家川から採取。繁殖することを願って大野川に移植し、生体状況などの観察を続けてきた。

今年6月初め、大野川の移植場所を調べたが、昨年8月の台風10号による甚大な被害で、貝を見つけることができなかった。そこで児童たちは再度有家川から箱メガネを使って1人1個を採取。番号を付けてそれぞれの生育状況を把握するため、長さや幅、厚さ、重さを計測した後、大野川に放した。

6年生は今後も貝の観察を続け、環境保全の大切さを学び、これらの成果を夏休みに洋野町で開催される「海洋教育こどもサミット・in・東北」で発表する予定という。
(2017年8月掲載)
岩手県 洋野町立大野小学校 6年生のみなさん2岩手県 洋野町立大野小学校 6年生のみなさん3岩手県 洋野町立大野小学校 6年生のみなさん4
ページの先頭へ

岩手県 遠野市立遠野西中学校 3年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

岩手県 遠野市立遠野西中学校 3年生のみなさん1
遠野市立遠野西中学校の3年生は、毎年6月、同校近くにある山菜畑で自生するフキの刈りとり体験を実施している。

旧小友中学校時代から続く伝統行事で、郷土の豊かさを体感し、働くことの大切さと自然の恵に感謝する心を育むことを目的とした3年生の総合的な学習で、今年は40人の生徒が取り組んだ。当日は久しぶりの青空で、生徒たちはさわやかな風の中、気持ちのいい汗を流した。

生徒たちは、山菜畑を所有する宮守川上流生産組合の組合員の指導を受けてフキの刈りとりに挑戦。畑にはワラビなどの植物も自生していたが、生徒たちは茎が長く緑色の透き通ったフキを見定め、カマを使ってていねいに刈りとっていった。

今年の目標は130kgだったが、40人の頑張りで約165kgを収穫。その後生徒たちは、刈りとったフキを運ぶ係や葉っぱを取り除き長さを揃える係などに分かれ、1束3kgにまとめて遠野市の漬物製造販売会社に売却した。収益金は「遠野まごころネット」に寄付。同ネットを通じて、東日本大震災被災地の復興や、釜石市の山林火災で焼失した土地の復旧支援に役立てられることになっている。

なお、生徒たちが収穫したフキは、漬物として東京のデパートなどで販売されるという。
(2017年7月掲載)
岩手県 遠野市立遠野西中学校 3年生のみなさん2岩手県 遠野市立遠野西中学校 3年生のみなさん3岩手県 遠野市立遠野西中学校 3年生のみなさん4
ページの先頭へ

長野県 天龍村立天龍小学校 天龍みどりの少年団のみなさん

この学校を詳しく知ろう

長野県 天龍村立天龍小学校 天龍みどりの少年団のみなさん1
長野県南端に位置する天龍村に1998年、3つの小学校と1つの分校が統合して開校した村立天龍小学校。「天龍村の人と自然と文化」を愛する同校児童は、「天龍熊伏太鼓」の演奏活動や、保護者らと村を清掃する「天龍ピカピカ大作戦」など、さまざまな活動を行っている。

開校の前年、旧平岡小時代から取り組んでいるのが、例年5月に飛来する渡り鳥「ブッポウソウ」の保護活動だ。学校統合後は、高学年の児童によって結成された「天龍みどりの少年団」が受け継ぎ、毎年、飛来直後から観察を行い、渡り去った後には巣箱を集めて繁殖状況などを調査している。

また4月には、ブッポウソウの巣箱を手づくりし、天竜川に架かる橋や山林などに設置。営巣や繁殖を支えている。

昨年度から3年生も加わり、今年は17人の児童が巣箱作りに参加。飯伊森林組合や地域おこし協力隊の手助けを得ながら6枚の板を組み合わせ、直径10㎝の巣穴が開いた巣箱を1人1箱完成させた。

金緑色に輝く美しい姿が特徴のブッポウソウは、天龍村の村鳥で県の天然記念物に指定されている希少種。児童たちは「今年も私たちが作った巣箱に入り、たくさんの卵がかえってほしい」と願っている。

同少年団の「ブッポウソウ保護活動」は、2010年「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰など高い評価を得、今年は国際ソロプチミスト飯田から、継続した活動をと支援金を贈られている。
(2017年6月掲載)
長野県 天龍村立天龍小学校 天龍みどりの少年団のみなさん2長野県 天龍村立天龍小学校 天龍みどりの少年団のみなさん3
ページの先頭へ

あなたのまわりの素晴らしき小学生・中学生/善きことをした小学生・中学生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、小学校名・中学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾