検索する

善きことをした小学生・中学生達

世のため、人のために立派な行いをしている小学生・中学生達を紹介します。
子供達の活躍を、ぜひご覧ください。

最新のニュース
 

被災地復興へ 届け 歌声で勇気と力を

 

岩手県 一関市立一関中学校 特設合唱部のみなさん

new
 

故郷に伝わる妖怪紹介アプリ製作 観光振興に一役

 

徳島県 三好市立下名(しもみょう)小学校 児童のみなさん

岩手県 一関市立一関中学校 特設合唱部のみなさん

この学校を詳しく知ろう

岩手県 一関市立一関中学校 特設合唱部のみなさん1
一関市立一関中学校は、2011年の東日本大震災で校舎と体育館が甚大な被害を受けた。1947年の開校以来、地域貢献を伝統とする生徒たちは早期復興へ力になろうと、様々な活動を続けている。

特設合唱部は、2015年から地震発生日の3月11日に、被災地の復興と犠牲者の冥福を祈るコンサートを実施してきた。

「自分たちにできる支援をしたい」という部員たちの発案がきっかけ。3回目となる今年は、JR一ノ関駅西口の駅前広場で「届け わたしたちの歌 歌結(うたゆい)コンサート」を開いた。午後2時半から30分間のプログラムで、1~3年生約70人が出演。100人を超える聴衆を前に、震災後、福島県南相馬市の中学校の卒業生と音楽教諭によって作られた「群青」など6曲を披露。途中、午後2時46分の震災発生時刻には、追悼のサイレンに合わせ、犠牲者の冥福を祈って黙祷を捧げた。

春空の下、生徒たちの澄んだ歌声に涙する人もおり「ハーモニーがきれい、復興への勇気と力をもらった」と感動した様子。

生徒を指導する音楽教諭は「子どもたちはボランティアの大切さや表現する喜びを感じながら活動している。生徒たちの思いが被災地に届いてくれればうれしい」と話す。生徒たちは「来年も歌声でみんなを勇気づけたい」と声をそろえた。

なお、当日は同校厚生委員会も参加し、被災孤児、遺児を支援する「いわての学び希望基金」への協力を来場者に呼び掛けた。
(2017年5月掲載)
岩手県 一関市立一関中学校 特設合唱部のみなさん2岩手県 一関市立一関中学校 特設合唱部のみなさん3
ページの先頭へ

徳島県 三好市立下名(しもみょう)小学校 児童のみなさん

この学校を詳しく知ろう

徳島県 三好市立下名(しもみょう)小学校 児童のみなさん1
徳島県三好市山城町は、大歩危・小歩危峡などの景勝地として、また数多くの妖怪伝説が残る妖怪の里として知られる。「児啼爺(こなきじじい)」の故郷であり、2008年には、水木しげる氏が初代会長を務めた世界妖怪協会から、日本で2番目の「怪遺産」に認定されている。

この山城町の大事な資産である「妖怪」を観光客に紹介しようと、三好市立下名小学校の3年生から6年生14人が、藤川谷沿いの妖怪街道で使える無料アプリを作った。

観光客に妖怪の里をスタンプラリー感覚で散策してもらい、観光振興にも役立てようと同校が企画。町民手作りの妖怪モニュメント付近でスマートフォンのカメラをかざすと、児童が描いた妖怪のイラストが浮かび上がり、さらに近づくと児童の声で妖怪が語りかけてくる。

2017年1月、児童たちはアプリの仕上がりを確認するため、タブレット端末やスマホを手に妖怪モニュメントを巡回。アプリを起動すると妖怪のイラスト共に声が聞こえると、子どもたちから大きな歓声が上がった。

2月から始まった「山城妖怪めぐりスタンプラリー」に参加した観光客からは、妖怪になりきった子どもたちのしゃべりで、ひとつひとつの妖怪の雰囲気が伝わってくると、好評だ。

児童たちは「一生懸命つくったので、うまくいってよかった」と喜ぶ。同小では、今後も学校と児童を中心に地域全体を元気にしていきたい、と話していた。
(2017年3月掲載)
徳島県 三好市立下名(しもみょう)小学校 児童のみなさん2
ページの先頭へ

あなたのまわりの素晴らしき小学生・中学生/善きことをした小学生・中学生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、小学校名・中学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾