検索する

善きことをした小学生・中学生達

世のため、人のために立派な行いをしている小学生・中学生達を紹介します。
子供達の活躍を、ぜひご覧ください。

最新のニュース
 

浦島太郎伝説を基に劇を創作 町民から大きな拍手

 

長野県 上松町立上松小学校 5年生のみなさん

new
 

自分たちで飼育 希少種「オオムラサキ」を篠山の空に放つ

 

兵庫県 篠山市立篠山小学校 5、6年生のみなさん

 

修学旅行の訪問先で、わが街八幡平市の観光PR

 

岩手県 八幡平市寄木小学校 6年生のみなさん

長野県 上松町立上松小学校 5年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

長野県 上松町立上松小学校 5年生のみなさん1
上松町立上松小学校の児童は、「敬老の日」にお年寄りに絵手紙を送る活動や、観光客向けに町を紹介するパンフレットの制作など、ふるさと上松町を愛する子どもたちだ。

5年生の児童たちは、町に伝わる「浦島太郎伝説」を基にした劇を創作。高齢者施設などで上演してきた。創作のきっかけは4年生のとき。総合的な学習の時間で上松町について調査したなかで、竜宮城から戻った太郎が諸国を旅したのち、玉手箱を開けたという伝説が残る町の名勝「寝覚の床」に着目。この伝説を広く伝え、後世に残そうと自分たちで劇を創ることにした。台本、音楽、背景などもみんなで考え、約30分のストーリーにまとめた。これまで福祉施設や保育園などで上演。観客の反応をみながら少しずつ手直ししてきた。

今年7月には、町内のデイサービスセンター「あい愛ケアセンター」で約50人の利用者を前に公演。児童たちの見事な演技に、利用者からは「楽しみにしていた。みんないい出来だった」と絶賛。指導した教諭も「公演を重ねるごとに上達し、今回はセリフもうまく言え、口を出す必要がなかった」と高評価を与えていた。

最後に子どもたちは、今回の活動を通して町の伝説を学んだことで「上松町がますます好きになった」「これからも町の魅力を伝えていきたい」と決意を述べる。

なお、今回の公演で5回目となり、一区切りという子どもたちだが、要望があれば、また上演したいと笑顔で話していた。
(2016年8月掲載)
長野県 上松町立上松小学校 5年生のみなさん2長野県 上松町立上松小学校 5年生のみなさん3
ページの先頭へ

兵庫県 篠山市立篠山小学校 5、6年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

兵庫県 篠山市立篠山小学校 5、6年生のみなさん1
1957年、国蝶に選定された「オオムラサキ」。羽を広げると10センチ以上もあり、勇ましく堂々として華麗に飛翔する姿は神秘的でさえある。生息地は日本全土にわたるものの、近年、都市化が進み、雑木林が少なくなってきたことなどにより生息数が減少、環境省や複数の都道府県が準絶滅危惧種に指定している。そうした中、自分たちでオオムラサキを育てて数を増やし、オオムラサキが飛び交うふるさと作りを目指している小学生たちがいる。兵庫県篠山市の市立篠山小学校の児童たちだ。

現在取り組んでいるのは、5、6年生55人。今年2月の「オオムラサキ引き継ぎ式」で先輩の6年生からオオムラサキの1年間の成長や世話の仕方を学び、「丹波オオムラサキの会」の会員からも様々な指導を受けた児童たちは、飼育ゲージ内の越冬幼虫を大切に育てて来た。

6月8日に今年最初の羽化があり、子どもたちは「羽化して飛ぶ姿がかわいかった」と話す。

そして7月5日、世話を続けて来た9匹を篠山市南新町の竹林に放した。周囲の木に止まったり、鮮やかな羽を広げて飛翔するオオムラサキを興味深そうに観察していた児童たちは「自然の中でたくましく生き、子孫をたくさん残してほしい」「篠山の空を自由に飛び交えるよう、オオムラサキが生きていける自然を守っていきたい」と、真剣な表情で話していた。
(2016年7月掲載)
兵庫県 篠山市立篠山小学校 5、6年生のみなさん2兵庫県 篠山市立篠山小学校 5、6年生のみなさん3
ページの先頭へ

岩手県 八幡平市寄木小学校 6年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

岩手県 八幡平市寄木小学校 6年生のみなさん1
1876年創立の八幡平市立寄木小学校の児童たちは、その伝統として、日々の学びの中で郷土を愛し誇りに思う心を育んでいる。今年も6年生17人が、6月8日、9日の二日間、修学旅行先の宮城県の仙台市と松島で、地元八幡平市の観光PRを実施した。

児童たちは、PR活動の前に「被災地訪問」を行い、東日本大震災で亡くなった中学生たちを悼む石碑に触れ、祈りを捧げた。

そして今回初の試み「八幡平市PR大作戦」を、班別行動時や松島の遊覧船乗り場などで行った。

児童たちは、このPR作戦を実施するにあたって、市商工観光課の職員や地域住民から市の観光地や名所、美しい自然、特産品などについて学習。10月開催の岩手国体や、市内各所で行われるイベント情報なども盛り込んだ両面カラーのオリジナルパンフレットを2週間かけて制作した。

「八幡平市観光PR大使」のネームカードをつけた子どもたちは、初めは恥ずかしそうにパンフレットを配っていたが、次第に観光客やまちの人々ともコミュニケーションが取れるようになり、自分たちのまち八幡平市の魅力をアピール、来訪を呼び掛けた。

パンフを受け取った観光客は、八幡平市の豊かな自然や特産品などの写真に添えられた手書きの説明文を読み、「とてもわかりやすい。」と話し、「今度遊びに行くね。」と子どもたちに声を掛けると、児童たちは「はい!」笑顔で応えていた。
(2016年6月掲載)
岩手県 八幡平市寄木小学校 6年生のみなさん2岩手県 八幡平市寄木小学校 6年生のみなさん3
ページの先頭へ

あなたのまわりの素晴らしき小学生・中学生/善きことをした小学生・中学生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、小学校名・中学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 学校説明会情報 入試過去問題

JS日本の塾