検索する

善きことをした中学生達

世のため、人のために立派な行いをしている中学生達を紹介します。
中学生達の活躍を、ぜひご覧ください。

最新のニュース
 

食べて元気に ご当地グルメ「サバサンド」を開発

 

岩手県 久慈市立大川目中学校 3年生のみなさん

new
 

普段の地域連携の成果 まちおこしスイーツ開発

 

宮城県 加美町立宮崎中学校 1年生のみなさん

岩手県 久慈市立大川目中学校 3年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

岩手県 久慈市立大川目中学校 3年生のみなさん1
岩手県の久慈市立大川目中学校3年生の生徒達19人は、1年生から取り組んできた久慈市の観光振興に関する「総合的な学習の時間」で、新たなご当地グルメ「サバサンド」を開発した。

生徒たちは「食べて市民も地域も元気になる商品開発を」と、久慈沖のサバをメインに、同市産のヤマブドウ、野田村の「のだ塩」など、地域の食材を使用した総菜パン「サバサンド」を考案。食材を研究し、プロに調理法を教わりながら試行錯誤したという生徒たちは「サバのジューシーさとあっさりしたヤマブドウのソースのバランスが絶妙」と満足そう。

そして12月に開催された「北三陸くじ冬の市」で1個500円、100個限定で販売したところ、来場者が列をなし、すぐに完売した。

冬の市で生徒たちは、地域への感謝の気持ちを込めて合唱や大中ソーランを披露するなど、イベントをおおいに盛り上げた。

来場者からは「サバサンドは食べごたえもありおいしい」「歌声や踊りで元気をもらった」と大好評。生徒たちは今後も地域のために自分たちでできる活動を行っていきたいと話している。なお、今回の売上金の全額は、2016年8月に同市を襲った台風10号復旧のため、久慈市に寄付された。

大川目中学校の生徒たちは、ボランティア団体「Dreamsブロッコリー」に参加し、一人暮らしのお年寄りに絵手紙を送るなど、ご当地グルメの開発や被災地ボランティアの他にも、地域を支える様々な活動を行っている。
(2017年2月掲載)
岩手県 久慈市立大川目中学校 3年生のみなさん2岩手県 久慈市立大川目中学校 3年生のみなさん3
ページの先頭へ

宮城県 加美町立宮崎中学校 1年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

宮城県 加美町立宮崎中学校 1年生のみなさん1
今年10月、宮城県加美町の町立宮崎中学校の1年生22人が、町を元気にしようと8種類のスイーツを考案。同町の宮崎生涯学習センターで行われた「加美マルシェ」で限定販売した。

生徒たちは総合的な学習の時間で、ふるさと探検「加美町・宮崎」を実施し、町を多角的に調査。こんな加美町になったらいいな、と新たな町おこしの一環としてスイーツの開発に取り組んだ。

スイーツは、同校の畑で栽培した宮崎中産枝豆のがん月の他、地元産の食材を使ったさつまいものマドレーヌ、抹茶あずきのがん月、ハロウィン風カボチャプリンなどで、7月から検討をスタート。同校は開校以来、地域との連携に努めており、今回のスイーツ開発にも地元の3つの菓子店とコラボレーションした。

生徒たちは、菓子店と幾度も試作し、カボチャプリンは卵アレルギーの人でも食べられるよう卵を使わず寒天で作るなどひと工夫。担当の生徒は「プリンがなかなか固まらず苦労した」と話す。

そして販売当日。生徒たちデザインのパッケージに包まれたスイーツは、来場した地元の人々が次々と購入。「とってもおいしい」と大好評で一時間足らずで完売した。

店頭に立った生徒たちは「こんなに行列ができるなんて思わなかった」「お客さんが笑顔で買ってくれた」とうれしそう。今後、商品化も検討するという。

この日同校はハロウィンランタン作りのワークショップや吹奏楽部の演奏などを実施し、会場を盛り上げた。
(2016年12月掲載)
宮城県 加美町立宮崎中学校 1年生のみなさん2宮城県 加美町立宮崎中学校 1年生のみなさん3宮城県 加美町立宮崎中学校 1年生のみなさん4
ページの先頭へ

あなたのまわりの素晴らしき中学生/善きことをした中学生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、中学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 学校説明会情報 入試過去問題

JS日本の塾