検索する

善きことをした中学生達

世のため、人のために立派な行いをしている中学生達を紹介します。
中学生達の活躍を、ぜひご覧ください。

最新のニュース
 

被災地復興へ 届け 歌声で勇気と力を

 

岩手県 一関市立一関中学校 特設合唱部のみなさん

new

岩手県 一関市立一関中学校 特設合唱部のみなさん

この学校を詳しく知ろう

岩手県 一関市立一関中学校 特設合唱部のみなさん1
一関市立一関中学校は、2011年の東日本大震災で校舎と体育館が甚大な被害を受けた。1947年の開校以来、地域貢献を伝統とする生徒たちは早期復興へ力になろうと、様々な活動を続けている。

特設合唱部は、2015年から地震発生日の3月11日に、被災地の復興と犠牲者の冥福を祈るコンサートを実施してきた。

「自分たちにできる支援をしたい」という部員たちの発案がきっかけ。3回目となる今年は、JR一ノ関駅西口の駅前広場で「届け わたしたちの歌 歌結(うたゆい)コンサート」を開いた。午後2時半から30分間のプログラムで、1~3年生約70人が出演。100人を超える聴衆を前に、震災後、福島県南相馬市の中学校の卒業生と音楽教諭によって作られた「群青」など6曲を披露。途中、午後2時46分の震災発生時刻には、追悼のサイレンに合わせ、犠牲者の冥福を祈って黙祷を捧げた。

春空の下、生徒たちの澄んだ歌声に涙する人もおり「ハーモニーがきれい、復興への勇気と力をもらった」と感動した様子。

生徒を指導する音楽教諭は「子どもたちはボランティアの大切さや表現する喜びを感じながら活動している。生徒たちの思いが被災地に届いてくれればうれしい」と話す。生徒たちは「来年も歌声でみんなを勇気づけたい」と声をそろえた。

なお、当日は同校厚生委員会も参加し、被災孤児、遺児を支援する「いわての学び希望基金」への協力を来場者に呼び掛けた。
(2017年5月掲載)
岩手県 一関市立一関中学校 特設合唱部のみなさん2岩手県 一関市立一関中学校 特設合唱部のみなさん3
ページの先頭へ

あなたのまわりの素晴らしき中学生/善きことをした中学生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、中学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾